アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

エイジングケア ヒアルロン酸 乾燥肌 成分

ヒアルロン酸が乾燥肌に最適!?直接注入するメリット・デメリットは?安全性や基本特性を徹底解説

更新日:



「美肌づくりにはヒアルロン酸」

 

一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

肌のことを調べると、必ずと言っていいほどヒアルロン酸が登場します。

また、乾燥肌予防にヒアルロン酸をおすすめされることもあります。

 

ヒアルロン酸はサプリメントや化粧品で補うこともできますし、美容クリニックで直接注射してもらうことも可能ですが、本当に肌にとって有効な成分なのでしょうか?

仮に肌に良い成分であったとしても、具体的にどんな恩恵が得られるのでしょうか?

 

今回はそんな疑問を解消するべく、ヒアルロン酸と肌の関係について調べてみました!

ヒアルロン酸を直接注射することのメリットやデメリットについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は化合物の一種で、糖とアミノ酸が合体したものです。

水分保持力に非常に優れており、ヒアルロン酸1グラムあたり約6リットルもの水を蓄えることができると言われています。

そのため乾燥肌対策に効果的です。

しかし、ヒアルロン酸は加齢と共に徐々に減少していくため積極的に取り入れなければなりません。

なお、ヒアルロン酸は美容以外にも関節の炎症や痛みを抑えるために医療機関で治療薬として用いられることもあります。

人間の体になくてはならない大切な成分のひとつです。

 

ヒアルロン酸の役割・効果について

ヒアルロン酸は関節や目、皮膚など人間の体の様々な箇所に存在しています。

そして肌の真皮にも多く存在しています。

 

真皮は表皮の内側にある層のことで、肌の本体そのものでもあります。

真皮にあるコラーゲンとヒアルロン酸が合わさって肌の水分が維持されているのです。

つまり、コラーゲンとヒアルロン酸のどちらか片方が不足すると、肌の水分バランスが大きく崩れてしまうことになります。

 

ヒアルロン酸の役割

ヒアルロン酸には様々な役割がありますが、中でも

 

「細胞を守ること」

 

 

「水分を保持すること」

 

に長けています。

 

細胞を守る

真皮にはヒアルロン酸のほかにもコラーゲン繊維やエラスチンと呼ばれる成分が存在していますが、これらの成分を併せて

 

真皮繊維芽細胞

 

と言います。

美肌に欠かせない成分で、どれか1つでも欠けると肌の老化が進むと言われています。

これらの成分が細胞と細胞の間に入って肌の弾力を維持し、細胞を守ってくれます。

潤いのある肌を維持するためには真皮繊維芽細胞が欠かせません。

 

水分を保持する

先ほども少しご紹介しましたが、ヒアルロン酸は非常に高い水分保持力を持っています。

ヒアルロン酸がコラーゲン繊維やエラスチンの間を水分で満たしてくれることで肌の弾力が維持されているのです。

ヒアルロン酸が不足すると肌が乾燥してシワやたるみの原因となってしまいますので、若いうちからケアを行うことが大切です。

 

ヒアルロン酸は表皮にも存在している

ヒアルロン酸は真皮で生成されると言われていましたが、ここ近年の研究によって表皮でも生成されることが明らかになってきました。

表皮での生成については不透明な部分もありますが、現段階で分かっているのが

 

ヒアルロン酸と表皮幹細胞の関係

 

です。

 

表皮幹細胞は表皮細胞を生み出すために欠かせないものであり、肌の新陳代謝にも大きく関係しています。

そしてこの表皮幹細胞がヒアルロン酸を生成する力に優れていることが研究によって明らかになりました。

 

加齢や紫外線ダメージが蓄積されると真皮と表皮の間にある基底膜という薄い膜が分解されてしまうのですが、この分解を抑制することでヒアルロン酸の生成量を増やすことができます。

 

ヒアルロン酸の基本!化粧品に含まれているヒアルロン酸にはどんな特性があるの?

化粧品に配合されているヒアルロン酸の主な役割は

 

肌の保湿

 

です。

肌表面の水分の蒸発を防いで肌を乾燥から守ってくれます。

なお、化粧品の成分表示の欄にはヒアルロン酸の種類によって

 

  • アセチルヒアルロン酸
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • ヒアルロン酸Na(ナトリウム)

 

などと記載されています。

どれもヒアルロン酸という名前がついていますが、肌への浸透力やテクスチャーにはそれぞれ特徴があります。

 

例えばヒアルロン酸Naは肌への浸透力は低いものの、とろみのあるテクスチャーで使い心地は抜群です。

一方でアセチルヒアルロン酸は肌表面と角質層にまで浸透し、さらっとした使い心地が特徴です。

このように同じヒアルロン酸でも効果・効能に若干の違いがありますので、化粧品を選ぶときはヒアルロン酸の種類もチェックしてみてください。

 

ヒアルロン酸は安全なの?

ヒアルロン酸は人間の体にも存在している成分なので特に危険性はありません。

とろみのあるテクスチャーでしっとりとした使用感が特徴ですが、変にべたつくことがないためどんな肌質でも使用できます。

 

「脂性肌だと肌がベタベタするのでは?」

 

という意見もありますが、脂性肌の原因が肌の乾燥の場合は逆に脂性肌が改善する可能性が高いです。

ただし、脂性肌の人が過度に保湿をするとニキビなどの原因となることもありますので、肌の状態を見ながら試してください。

 

敏感肌の人はヒアルロン酸の種類に注意!

ヒアルロン酸にはいくつか種類がありますが、中でも注意してほしいのが加水分解ヒアルロン酸です。

様々な化粧品に配合されている安全性の高い成分ですが、ごく一部で

 

アトピー性皮膚炎が悪化した

 

という報告があります。

 

加水分解ヒアルロン酸に毒性がないことは研究でも明らかになってはいるのですが、それと同時にヒアルロン酸の分子量が皮膚炎に影響していることも分かっています。

必ずしも症状が悪化するわけではありませんが、念のため注意してください。

心配な方は皮膚科医に相談することをおすすめします。

 

ヒアルロン酸が配合された化粧品を選ぶときのポイント

ヒアルロン酸化粧品は様々なメーカーから販売されています。

しかし、ただ単にヒアルロン酸が配合されている化粧品を選べばいいというわけではありません。

ヒアルロン酸の種類や含有量はもちろんですが、ほかの成分との相乗効果について考えることも大切です。

 

中でも化粧品を選ぶときに絶対にチェックしてほしいのがヒアルロン酸以外の成分です。

そもそも、化粧品に配合されているヒアルロン酸は分子量が大きいので、肌の真皮まで浸透することはありません。

あくまでも肌表面の潤いを維持するためのものなのです。

そのため、いくら高品質なヒアルロン酸が配合されている化粧品を選んだとしても、得られる効果はほとんど変わりません。

これは個人的な意見ですが、ヒアルロン酸にこだわるくらいなら

 

『ヒアルロン酸との相乗効果が大きい成分が配合されている化粧品を選ぶべき』

 

だと思います。

そうすることで肌に保湿プラスαの効果を与えることができます。

 

ヒアルロン酸を選ぶ基準はコレ!

ヒアルロン酸が配合されている化粧品を選ぶときは、ヒアルロン酸の製造方法やメーカーをしっかりと確認してください。

店頭には膨大な種類の製品が並んでいますので、何も考えていないと選ぶのがとても大変です。

 

まずは信頼のおけるメーカーなのか、そして安全性は問題ないのかどうかを調べましょう。

メーカーの公式ホームページを見たり、大手口コミサイトで実際に使用した人の感想を参考にするのも良いと思います。

 

そしてヒアルロン酸の含有量がどのくらいなのかや、ヒアルロン酸以外の成分についても要チェックです。

とはいっても一つ一つの製品を確認するのは大変なので、インターネットのランキングや雑誌などを参考にして消去法で選ぶと良いでしょう。

 

ヒアルロン酸を直接注射するメリットとデメリット

ヒアルロン酸は食品や化粧品以外にも肌に直接注射して摂取することができます。

主に美容クリニックで行われており、比較的リーズナブルな価格で受けられることから女性を中心に人気を集めています。

ここでは直接ヒアルロン酸を注射するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

ヒアルロン酸注射のメリット

ヒアルロン酸注射の最大のメリットは下記の2つです。

 

  1. 安全性が高い
  2. 即効性がある

 

ヒアルロン酸は人間の体に存在する成分なので直接注射しても副作用が出る心配がありません。

さらに気になる部分に直接注射するため、早い人では翌日には効果が実感できます。

所要時間も10分程度なので時間もかかりません。

 

「プチ整形」

 

と言われているヒアルロン酸注射ですが、ほかの施術と比べると金額の面でもはるかにハードルが低いです。

 

ヒアルロン酸注射のデメリット

ヒアルロン酸注射にはデメリットもあります。

中でも最も注意したいのが

 

細菌感染と内出血

 

です。

 

細菌感染

一般的な美容クリニックであればヒアルロン酸そのものに危険性はありません。

しかし、ヒアルロン酸の管理を怠っていたり不衛生な状態で保管していると細菌が侵入する可能性があります。

また、注射器を使いまわしているような悪質なクリニックでは細菌感染のリスクが高まってしまいます。

このようなことはほとんどありませんが、トラブルを防ぐためにも有名で実績の多い信頼のできるクリニックを選ぶことが大切です。

 

内出血

ヒアルロン酸を注射器で直接注射するため、場合によっては内出血します。

内出血自体はよくあることなのですが、ごく稀に内出血の跡が残ってしまうことがあります。

内出血するかどうかは実際に注射してみなければ分からないのが現状ですので、万が一跡が残った場合のリスクも考えておきましょう。

目立つ部分に跡が残る可能性があることを忘れないでください。

 

まとめ

ヒアルロン酸注射は手軽にヒアルロン酸が摂取できる一方で、気を付けるべきデメリットもたくさんあります。

メリットが多いということはそれだけデメリットもあるということを覚えておいてくださいね。

トラブルを防いでキレイな肌を維持するためにも、ヒアルロン酸注射をするときは信頼のできるクリニックで施術を受けましょう。

 

*日本一売れているエイジングケア美容液の実力とは?

-エイジングケア, ヒアルロン酸, 乾燥肌, 成分

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.