アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

エイジングケア 乾燥肌

乾燥肌に適した入浴法がある!?お風呂・温泉の前には緑茶が良い!?日頃から丁寧ケア

投稿日:



乾燥肌や敏感肌で悩みを抱えている方も多いことでしょう。

実はお風呂や温泉の入り方次第でも、肌トラブルが悪化してしまう事はご存知でしたでしょうか?

汗をかけばかくほど良いと、熱めのお湯に長時間入っていたりはしていませんか?

 

もちろん、お風呂や温泉の効能は体やお肌にはとてもよいです。

肩こりや腰痛、腱鞘炎や外傷などにも良い影響を与えてくれます。

 

しかし、正しい入浴方法で入らないと逆に乾燥肌を引き起こしてしまう原因になるんですよ!

特に40代を超えてしまうと、さらにお風呂や温泉の入浴方法は注意しなければなりません。

 

そこで今回は、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる方のためにお風呂や温泉の入り方のポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

お風呂や温泉の身体や美肌へのメリット

お風呂につかる事は体にさまざまなメリットを与えてくれます。

 

  • 体全体を清潔に保ってくれる
  • 免疫機能を高めてくれる
  • ストレス解消になる
  • 健康や美肌に良い影響与えてくれる

 

など、様々なメリットがあります。

上記で挙げたのはまだほんの一部です。

これら以外にもたくさんのメリットがあるので、お風呂につかる事はとても良いことだといえます。

 

温泉やお風呂に入ることでその効果が分かれるので、次にその効果についてご紹介していきます。

 

血行促進が美肌をもたらす

まず1つ目は、体が温まることによって得られる効果を説明していきます。

お風呂につかることで体全体が温まり、リンパ管や毛細血管などが開き、血行促進を促してくれるのです。

血流の流れが良くなることで、肩こりや腰痛が改善されたり、自律神経の働きが良くなったり、疲労がたまりにくい体を作ってくれたり、免疫力を高めてくれたりなどの効果を得ることができるのです。

 

また、内側から体が温まることで、毛穴が開きます。

汗と一緒にほこりや花粉などの汚れや古い皮脂を流してくれるので、毛穴の悩みを抱えている方にもオススメなんですよ!

 

入浴することで身体が温まり、 皮膚の毛細血管やリンパ管などが広がります。

その効果のおかげで血液やリンパの流れをスムーズにしてくれます。

血流の流れが良くなるとお肌にたまっている老廃物を外に排出してくれるので、シミやニキビで悩んでいる方にもおすすめです。

 

体を温める事は体の健康維持だけでなくお肌にも効果があるので、ぜひお風呂にゆっくり入ってみてくださいね。

 

水圧で血液循環アップ

2つ目は、お風呂に入るときの水圧で得られる効果を説明していきます。

適度な水圧を加えることで、手先や足先の血液の循環が良くなります。

それとともに、心臓の動きを活発にしてくれるんですよ!

 

ちなみに、シャワーを足先から上に当てていくことでむくみを改善する効果もあります。

末梢から心臓にかけて水圧をかけることで、リンパを流すことにつながり、むくみが改善されるのです。

 

また、横隔膜に適度な水圧をかけると呼吸の回数を増やすことができ、心肺機能を強くする効果を得ることもできるのです。

 

浮力でリラックス効果

3つ目は浮力によって得られるリラックス効果について説明していきます。

お風呂に入ると浮力の力が凄いので、体全体が軽くなります。

浮力によって緊張してこわばっていた体が柔らかくなり、心身ともにリラックスすることができるのです。

お風呂につかることで、開放感を感じることができ気持ちよくなってくるのです。

 

さらに、上記で説明したことも含め、お風呂に入ることでこれらのような効果を得られることから、睡眠の質を上げることもできるんです。

熟睡することで明日への活力になり、さらには健康や美肌にもあげることができるのです。

 

ですので、お風呂に入って体を温めたり、リラックスする事はさまざまな肌トラブルを改善してくれるとともに、健康維持にもつなげてくれるのです。

お風呂に入ることでストレスを発散することもできます。

たまっていたストレスを解放することで、体内に活性酸素が発生するのを防ぐことができるので、お肌の酸化も予防することができるんですよ!

 

また、血行促進を促すことでむくみやクマ、くすみなど様々な肌トラブルの予防や改善をすることができるんですよ。

むくみが減るのですっきりした体を手に入れることができます。

 

このようにお風呂に入ることで様々なメリットが得られることがお分かりいただけましたでしょうか?

 

温泉と美肌の関係

上記で説明したメリットは、一般的なお風呂の入浴効果です。

温泉には、これらに加えて保湿効果やピーリング効果を得ることができるので、より高い効果を実感することができますよ。

 

温泉にはたくさんのミネラル成分が含まれています。

そのミネラルバランスが体の中のバランスと類似しているので、温泉につかることによって水分や保湿成分の浸透を高めることができます。

お肌の保湿力を高めることができるので、ハリや弾力のあるもっちり肌を手に入れることができます。

 

また、温泉水はアルカリ性か酸性が多いので、体の中に溜まった余分な角質を落としてくれる働きもあるんですよ。

皆さんも温泉につかった後に、スベスベになったと感じている方が多いのではないでしょうか?

このように感じられるのは、温泉水による保湿効果とピーリング効果のためです。

 

温泉に入ることで古い角質を落としてくれ、肌のキメを整えてくれます。

その結果、透明感のあるつやつやのお肌を手に入れることができるんですよ!

 

一般の方が温泉やお風呂につかるとこれらのような良い効果を得ることができるのですが、燥肌や敏感肌で悩んでいる方は逆に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。

 

入浴の温度で乾燥肌対策

高温は身体やお肌のダメージに

皆さんは普段どれぐらいの温度でお風呂に入っていますか?

40度を超えてしまうような熱めのお風呂に入ってしまうと、お肌の細胞にダメージを与えることもあるんですよ。

 

熱めのお湯の方がスッキリするから好きだという方も多いですが、お肌だけではなく体にも影響を与えてしまうのであまりオススメできません。

熱めのお湯に長時間浸かってしまうと、心臓にも大きな負担をかけてしまいます。

 

このような影響もあるので、40度を超えるような熱めのお風呂に入る事は控えるようにしましょう。

特に、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる方や心臓などに持病を持っている方はもってのほかです。

 

最近、ヒートショックプロテインを増加させることで免疫力を高めることのできるHSP入浴法に注目が集まっています。

ヒートショックプロテインて何と思われている方も多いことでしょう。

 

ヒートショックプロテインは別名熱ショックタンパク質とも言われています。

この成分の中にあるHSP 47が、コラーゲンを正常な形にするのをサポートしてくれる役割を担っているのです。

HSP47を増やすことで、アンチエイジングにも良い効果を得ることができます。

 

では、具体的にHSP入浴法とはどのようなものなのでしょうか?

一般的に、40度から42度前後10分〜20分お風呂につかって、熱めのお湯で体全体を温める方法だと言われています。

 

しかし、これは毎日実施しなければいけないというわけではありません。

年配の方や持病を持っている方は、医師と相談してから行うようにしなければなりません。

 

このような入浴方法は必ずしも誰もが良いメリットを得られるわけでは無いのです。

このような入浴法を試す場合には、しっかり自分の体の状態やお肌の状態と相談して、正しく行わなければなりません。

 

余談ですが、入浴中にお亡くなりになってしまった方は年間14,000人にものぼるそうです。

交通事故死の2倍ほどの数値なので、間違った入浴方法が危険だということがわかりますね。

 

その原因はいろいろありますが、入浴にも危険性があることを理解しておかなければなりません。

 

適温で乾燥肌を防ぐ

夏場や冬場にも温泉やお風呂の適度な温度というものがあります。

一般的に夏場であったら38〜39度まであったら40度位までがお肌や健康に良いとされています。

 

40度を超すような熱いお湯に入浴してしまうと、お肌の中に大切な皮脂やセラミド、天然保湿因子などが必要以上に失われてしまう可能性があります。

皮膚に必要な角質までも流されてしまう危険性があるので、あまりおすすめはできません。

 

これだけではなくもう一つ大きな問題があります。

それは肥満細胞が活性化されてしまうことです。

 

真皮層には免疫と密接な関係である肥満細胞が存在しています。

この細胞が高温のお湯によって活性化してしまうと、お肌に痒みや赤み、炎症等を引き起こしてしまう可能性があるのです。

免疫力をあげる事は良い事なのですが、過度に高めてしまうと逆にマイナスの効果を得ることになってしまうのです。

 

実は、免疫にはまだまだ解明されていない部分も多くあります。

しかし、上記で説明した通り、高ければ高いほど健康に良いというわけでは無いようです。

 

入浴の時間で乾燥肌を防ぐ

大切なのはお風呂の温度だけではありません。

エイジングケアにとっては入浴時間を意識することも大切なのです。

 

長い時間お風呂に入って、指先がふやけた経験のある人も多いのではないでしょうか?

 

実はこれ、間違いなんです!

 

指先がふやけてしまうまで長くお風呂に入っていると、角層に水分が入り込んでしまって膨潤状態なってしまいます。

簡単に説明すると、お肌のバリア機能が下がり、外部からの刺激に弱い状態になっているということです。

さらにそこにボディーソープをタオルにつけて体をこすってしまうと、必要な角質まで剥がれてしまう危険性があるのです。

これらの行為も逆に乾燥肌や敏感肌を招いてしまう原因になるんですよ!

 

ですので温泉やお風呂につかる際は、少し汗ばむ程度で充分です。

汗がじわじわと出てきて体が温まったと感じたら、もう出て大丈夫です。

一般的な目安としては、39度で20分程度、40度で15分程度と言われています。

 

短時間であれば頻繁に入浴を繰り返してもいいというわけではありません。

これでは結局長い時間つかることと同じことになってしまうので、控えるようにしましょう。

適切な温度と入浴時間を守って、つるつるすべすべなお肌を手に入れてみてくださいね!

この入浴方法を継続することで、美肌を維持する効果を高めることもできるのでぜひ試してみてください!

 

入浴前にやっておきたいこと

皆さんは、お風呂に入る前に何かやっている事はありますか?

軽く運動したり、お水を飲んでいる方もいることでしょう。

 

お風呂に入る前に緑茶を飲むことで、様々なメリットを得ることができます。

皆さんもご存知の通り、緑茶にはカテキンが多く含まれています。

お風呂に入る前に緑茶を飲むことで、テキンの吸収率が倍以上に上がるらしいのです。

ポリフェノールの1種であるカテキンは、抗酸化作用や脂肪燃焼効果もあるとても有能な成分なのです。

 

特に良質な緑茶から抽出されたポリフェノールは、驚きの効果を発揮してくれます。

なんと、ビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍もの抗酸化作用を発揮してくれるのです。

この数字だけで驚かされますよね!

お肌が酸化するのを防いでくれるので、毛穴で悩んでいる方にもとてもおすすめです。

 

また、カテキンの良いところはこれだけではありません。

カテキンには殺菌作用もあるので、細菌からの刺激から体を守ってくれるのです。

 

これらの効果を得ることができるので、エイジングケアにもなります。

入浴前に良質な緑茶を飲んでお肌の老化を防ぎ、乾燥肌知らずの美肌を手に入れましょう!

 

ただ、飲み過ぎには注意が必要です!

カテキンには利尿作用があるので、むくみの改善にもつながります。

しかし、その作用が強く働きすぎてしまうと体の中の水分が失われ、逆に乾燥肌を招く危険性があります。

入浴前に飲むのはコップいっぱい程度で充分です。

 

まとめ

今回は正しい入浴方法や適切な入浴時間をご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

普段お風呂につかる分には良いメリットを得ることができるのですが、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる方は注意をしなければなりません。

 

特に、上記で説明した入浴方法や入浴時間は守ってくださいね。

正しい方法でお風呂につかることで、体だけではなくお肌にも良い影響を与えてくれるのでおすすめです。

体を健康にして、乾燥肌知らずのお肌をぜひ手に入れてみて下さい!

 

今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

*日本一売れているエイジングケア美容液の実力とは?

レビュー
【口コミレビュー】アイムピンチが効かない?効果ない?エイジングケアが本当にできるのか実際に使って試してみた!

メイクだけでは到底隠すことは不可能?深いシワや濃いシミ。まさに今!肌がピンチ!と限界を感じてる方……どんな対策をしていま ...

続きを見る

-エイジングケア, 乾燥肌

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.