アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

エイジングケア 乾燥肌

乾燥肌向け基礎化粧品どう使う?それぞれの役割と効果は?プラスαのケアで効率よく

投稿日:



歳を重ねるにつれ肌のバリア機能が低下してしまい、どうしても乾燥肌になりやすくなってしまうのです。

そうならないためにも30歳を迎える頃からは、エイジングケアに手をかけなければなりません。

 

女性なら誰もが乾燥知らずの若々しい弾力のあるお肌になりたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

それを実現するためには、365日気を抜くことなく正しい乾燥肌のスキンケアを行わなければなりません。

 

今回は、乾燥肌を改善したいと言いう方のために基礎化粧品に関することを説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

「乾燥肌になりたくないから、それを予防するスキンケア方法を教えてポイントも知りたい!」

 

「乾燥肌対策にはどのような化粧品を使うといいの?おすすめのものを教えて!」

 

など、様々な疑問を抱えている方も多いことでしょう。

早速、乾燥肌対策について細かく説明していきますので、ぜひご覧ください!

 

乾燥肌のスキンケアの化粧水の役割り

化粧品には、お肌に水分を与える、お肌の水分を保持する、お肌の水分の蒸発を防ぐという3つの働きがあります。

化粧水はその中でもお肌に水分を与える役割を担っています。

化粧水はほとんどの成分が水でできています。

 

そのため、水溶性の保湿成分との相性が良く、その効果を発揮してくれるのです。

水溶性の保湿成分には、グリセリン、アミノ酸、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどが挙げられます。

乾燥肌を対策するためには、化粧水がお肌に水分を与え、キメを整えてくれることが重要なポイントなのです。

また、角質層を柔らかくしてくれ、乳液や美容液、保湿クリーム等の浸透性を高めてくれる役割も担っているので、化粧水は絶対に欠かしてはいけません。

 

化粧水は自分に合ったものを選ぶことで、より高い効果を実感することができます。

ネット上では様々な化粧水ランキングや口コミなどが載っているので、それを参考にしながら自分に合う化粧水を見つけましょう。

美容成分の特性を理解することも、肌トラブルの解決につながりますよ。

 

しかし、やはり化粧水だけでは乾燥肌対策をする事はできません。

乳液や保湿クリーム、美容液など他のアイテムも組み合わせながら乾燥肌対策をしていきましょう。

また、乾燥肌を気にしている方は収れん化粧水や拭き取り化粧水は控えた方が良いでしょう。

毛穴の広がりやニキビ肌を気にされている方は、収れん化粧水をしても良いと思いますが、乾燥肌対策の場合は逆に症状を悪化させてしまう場合もあるのでやめておきましょう。

 

化粧水の使い方のポイント

皆さんは化粧水をどのようにつけていますか?

化粧水の付け方もとても重要なポイントなんですよ!

化粧水を大量につければつけるほど、乾燥肌対策になると思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、それは大きな間違いなのです。

 

お肌に浸透する水分の量にも限りがあります。

限界を超えるほどの水分を与えても、水分は浸透しませんし、むしろお肌の中の水分と一緒に蒸発して乾燥を招いてしまう危険性もあります。

化粧水が入っていた箱の裏面に使用量が記載されているので、しっかり守るようにしましょう。

 

それでは、次に化粧水の付け方を説明していきます。

まずは、適量を手のひらに乗せて顔になじませていきます。

顔全体になじませてあげたら、最後に乾燥しやすい目元やフェイスラインを念入りにケアしてあげましょう。

重ね付けをしてもあまり効果は変わらないので、ハンドプレスで優しく水分を浸透させてあげてください。

コットンを使用している方も多いようですが、コットンは摩擦が大きくお肌に負担をかけてしまうので、手の温度で化粧水を浸透させてあげるようにしましょう。

 

乾燥肌のスキンケアの美容液の役割り

美容成分が凝縮されたスキンケアアイテムが美容液なので、これをうまく利用すれば乾燥肌対策をすることができますよ。

乾燥肌対策にはこの美容液が重要な役割を果たしてくれます。

 

先ほども説明した通り化粧品には3つの役割があるのですが、美容液はお肌の水分を保持する役割を担っています。

もともと人間のお肌の中には天然保湿因子や角質細胞間脂質が存在しています。

角質細胞間脂質はいわゆるセラミドのことを指します。

これらは美容液と同じくお肌の水分保持する役割があります。

 

しかし、歳を重ねるにつれ、老化が原因でその重要な働きをしているセラミドなどが減少してしまうのです。

その結果お肌の保湿力が下がってしまい、乾燥肌を招いてしまうのです。

この中でもセラミドはお肌のバリア機能を支えてくれているのですが、このセラミドが低下してしまうとバリア機能も下がってしまうのです。

バリア機能が下がるという事は、紫外線や乾燥などの外部からの刺激に弱くなってしまうということです。

このせいでいろいろな肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあるので、注意しなければなりません。

 

ですので、お肌の中の水分を保持するために水溶性と油溶性の成分を美容液で補ってあげなければいけません。

お肌の水分保持してあげることで、乾燥肌を予防したり改善したりすることができるんですよ!

 

美容液はドラッグストアやスーパーなどでも様々な種類が販売されています。

それぞれの用途によって美容液の種類が異なるのですが、乾燥肌を改善したいのであれば保湿力と安全性が整っているものを選ぶようにしましょう。

箱の裏面には成分がしっかり表示されているので、保湿成分が入っているかどうか、低刺激のものかどうかを確認して選ぶことをおすすめします。

 

乾燥肌対策にはセラミドが含まれているものを選ぶと良いでしょう。

人間の体の中にあるセラミドの構造に近いヒト型セラミド配合の美容液もあるので、そちらを選ぶことで肌に余計な負担をかけることもありません。

美容液ランキングや口コミなどを参考にしながら、成分を理解して自分の悩みに合った美容液を選ぶようにしましょう。

また、テクスチャーですが、そちらに関しては自分の好みに合うものを選んでくださいね!

 

美容液の使い方のポイント

基本的に美容液は化粧水の後に使用してください。

最初に美容液を塗ってしまうと、化粧水の成分で美容液が薄まってしまうので塗る順番にも気をつけましょう。

美容液も正しく使わなければ効果を実感することができません。

 

美容液は長い目で見て、毎日継続して使い続けなければなりません。

自分の肌質や好みに合ったものを選び、その効果を実感することで気分も上がり、プラセボ効果も高めてくれます。

 

美容液の効果をしっかり手に入れるためにも、正しい方法で使うことを心がけてください。

塗るときは手の温度でやさしくお肌になじませてあげることが大切です。

 

乾燥肌のスキンケアにおける保湿クリームの役割

お肌の水分の蒸発を防いでくれる働きが高いのは保湿クリームです。

保湿クリームは油分の比率が高く、しっかりお肌の水分を守ってくれます。

保湿クリームを塗るタイミングは 1番最後です。

化粧水などで水分を補ったら、後は油分で蓋をしましょう。

 

皮脂腺と汗腺から分泌される皮脂や汗が混じってできたものが皮脂膜です。

それが天然の保湿クリームとしてお肌の水分が蒸発しないように防いでくれるのです。

しかし、老化などの原因でどうしても皮脂の分泌量が減ってしまいます。

石の分泌量が減少すると皮脂膜も減ってしまうので、必然的に保湿クリームで補ってあげなければなりません。

特に、40代を超えてくるとお肌の中が水分だけでなく皮脂量も減少してしまうので、保湿ケアが必須の化粧品になってきます。

 

また、 30代でも化粧水や美容液、保湿クリームのいずれかに保湿成分やエイジングケア成分が配合されているものを使うようにしましょう。

若いうちから肌老化の予防をすることで、歳を重ねても外部からの影響を受けやすい弱いお肌になる事はありません。

 

保湿クリームの使い方のポイント

美容液や乳液でお肌の水分を保持させてから保湿クリームを塗っていきます。

何度も言いましたが、保湿クリームの正しい付け方でないと意味がありません。

箱に記載されている通りの量を手に取り、力の入りにくい薬指を使って、皮脂膜の少ないところに優しく乗せてあげましょう。

 

若い世代の方であれば、乾燥しがちで皮膚の薄い目元や口元だけに塗っていけば大丈夫です。

ただし、つけすぎは逆にテカリなどの原因となってしまうので注意が必要です。

30代後半を迎えたら顔全体に保湿クリームを塗っていくようにしましょう。

水分が蒸発するのを早いうちから防いでおくことで、乾燥肌対策をすることができます。

 

乳液・美容オイル・フェイスマスクも乾燥肌に効果的!

これだけじゃ満足することができないという方は、乳液や美容オイル、フェイスマスクなどを使用してみると良いかもしれません。

では次に、これらの化粧品についても説明していきます!

 

乳液

乳液と美容液や保湿クリームは何が違うのと疑問に思っている方も多いことでしょう。

それぞれの違いは油分と水分のバランスにあります。

一般的に美容液より油分が多く、保湿クリームより油分が少ないのが乳液です。

この原理に沿って、美容液の後、保湿クリームの前に乳液を塗ることで効果を高めることができます。

 

スキンケアする際は、必ずしもこの3つ全てを塗らなければいけないというわけではありません。

乾燥肌対策をするときは乳液か保湿クリームかのどちらかを使用すれば大丈夫です。

適量を手に取って手のひらになじませ、お肌全体に優しくなじませてあげるようにしましょう。

 

この時、強くこすったりして刺激を与えてはいけません。

手で擦りつけなくても、体温でお肌の中に浸透していくので優しく押しつけましょう。

目元や口元などは皮膚が薄いので、中指や薬指の腹を使って丁寧に伸ばしてあげると良いでしょう。

 

美容オイル

油脂だけで作られたのが美容オイルです。

このオイルはお肌を柔らかくしてくれるので、水分の蒸発を防いでくれる働きがあります。

名前は似ていますが美容液と美容オイルの効果は全然違います。

美容液はお肌の中の水分を保持する役割を担っており、美容オイルはそのお肌の中の水分の蒸発を防ぐ役割を担っています。

 

オイルにもいくつかの種類があります。

ホホバオイルやオリーブオイル等の植物性のタイプのものや馬油などの動物性のタイプがあります。

これらの名前は皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

どのオイルも体の中に存在している皮脂の成分と同じものか、それに近い成分が含まれています。

オイルは肌の表面をコーティングしてくれるので、ほこりや花粉などの外的刺激からお肌を守ってくれます。

 

しかし、いくら乾燥肌を改善したいからと言ってもつけすぎは良くありません。

つけすぎるとお肌がテカってしまう原因にもなるので、注意が必要です。

適量でも十分に効果を時間することができるので、使用量は守ってくださいね!

 

フェイスマスク

肌トラブルを改善しようとフェイスマスクを使用してスキンケアしている方も多いです。

フェイスマスクの種類もとてもたくさんのものがあります。

その多くは美容液に近い成分が含まれているタイプのマスクでしょう。

 

乾燥肌を予防したいのであれば、バイオセルロースのマスクが浸透力がとても高いので使ってみると良いでしょう。

せっかくフェイスマスクでスキンケアをするのであれば、普段使用している美容液とは違う成分が配合されているものを使用すると良いです。

フェイスマスクも毎日使うのではなく、週に1回から2回程度で 十分です。

 

また、フェイスマスクは生理前の肌荒れを予防したり、夏の日焼けや紫外線を受けた後のケアアイテムとして利用している方も多いようです。

一般的に化粧水で保湿した後に使うように言われています。

上記で美容液は化粧水の後になることを説明しましたが、これと同じ論理です。

 

まとめ

今回は乾燥肌で悩んでいる方のために化粧品に関する知識や付け方を紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

せっかくのスキンケアも正しい方法で行わないと効果を得ることができません。

また、間違ったスキンケア方法をしてしまうと逆に肌トラブルを招いてしまうので注意しておきましょう。

いつまでも若々しくハリや弾力のあるお肌を手に入れるためにも、上記でご紹介したスキンケア方法を取り入れてみてくださいね!

今回の記事が皆さんのお役に立っていれば幸いです。

 

*日本一売れているエイジングケア美容液の実力とは?





★アイムピンチ公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!





スポンサーリンク


-エイジングケア, 乾燥肌

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.