アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

乾燥肌 化粧品

見落とし注意!?冬の本格的な乾燥肌対策とは?化粧水・美容液の選び方も

投稿日:



空気がカラカラに乾く冬は、お肌の乾燥に悩む人も増えますよね。

カサカサ肌をなんとかしようと、あれこれ保湿に精を出している人も多いのではないでしょうか。

 

でも、皆さん、正しい保湿のしかたってご存じですか?

わかっているようで、案外知らなかったり、実は思った以上に乾燥していて保湿が足りなかった…など、見落としているポイントもあるかも。

この記事では、12月~2月、お肌にキビシ~イ季節の乾燥対策や乾燥肌の予防法・改善法、エイジングケアの秘訣についても詳しくお伝えします。

 

  • 肌の乾燥を早くなんとかしたい!
  • 今まで何ともなかったのに、今年の冬は乾燥で悩んでる。
  • 生活習慣を改善して乾燥予防や改善をしたい!

 

など、乾燥肌でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

冬の乾燥肌、どんな症状が出るの?

冬の乾燥肌といっても症状は人それぞれ。

代表的なものとしては、

 

  • 乾燥して粉がふく
  • カサカサでかゆい
  • 手が荒れ、湿疹が出る

 

といった症状が、顔だけでなく手足など全身に出る人もいます。

カサカサだけでも困りますが、更にかゆみがある場合は、無意識のうちにかきむしって皮膚炎になったり、慢性的な敏感肌になることもあります。

 

まさに、

かゆい → かく → 炎症 → さらにかゆくなる

こんな負のスパイラル!

そうならないためには、予防が肝心です。

乾燥する前に保湿、もしカサカサしてると感じたら改善策をとるなど、早め早めの対応が必要です。

 

冬はなぜ乾燥するの?

寒い冬は湿度も低い

冬は空気が乾燥する季節です。

気温が低い時期は空気中に含まれる水分が減少するからです。

もともと空気が乾燥しているのに加え、お部屋でエアコンなどを使うことも、乾燥に拍車をかけます。

水分は、その性質として、乾燥しているところに流れてしまいます。

冬に顔や手足がカサカサになるのは、肌の水分が奪い取られているんですね。

 

一般的に、湿度が50%以下になると、特に手肌の水分が蒸発しやすくなるそうです。

特に、肌のバリアといえる水分保持機能が低下している肌では、水分は蒸発し放題!

体や顔がさらに乾燥してしまいます。

これを防ぐためには、保湿ケアと同時にお肌の水分保持力アップを図る必要があります。

 

体が冷えると血行不良に

寒い冬は、どうしても身体が冷えて血行が悪くなりがち

肌のハリツヤも悪くなりますよね。

これは、血行が悪くなったために真皮に栄養分が行き渡らなくなっているためです。

また、血行不良は代謝の低下も招くので、皮脂腺や汗腺の働きも鈍ります。

皮脂や汗の分泌が減り、皮脂膜が十分にできなくなると、水分の蒸発が加速し肌が乾燥します。

特に、冷え性の方は血行不良に注意しましょう。

 

冬に最適なスキンケアは?

“保湿ケア”というと、体の外から水分を補うイメージが強いですが、本来は、お肌にある水分を逃がさずキープするケアが理想です。

肌の水分保持機能が正常に働いている肌なら、周囲が乾燥していても水分はキープできます。

本来、角質層の保湿成分には3種類あります。

 

  • 皮脂膜
  • NMF(天然保湿因子)
  • 角質細胞間脂質

 

気温が低く乾燥する冬場は、これらの保湿成分の働きが低下しやすい時期です。

意識して保湿成分をしっかり補い、働きを助ける成分もプラスして、お肌を活性化してあげましょう。

 

保湿クリームは冬の必須アイテム

冬のスキンケアのポイントは、なんといっても保湿!

クレンジングや洗顔の後は特に乾燥しやすいので、しっかり保湿しましょう。

特に保湿クリームがオススメです。

保湿クリームというと、水分の蒸発防止のため油溶性成分が中心でしたが、最近はエイジングケア用のセラミドクリームなども登場し、肌内部で水分を保持してくれるもタイプも増えてきています。

乾燥しやすい冬場は、水分蒸発防止と水分保持を両立できるエイジングケア保湿クリームを活用しましょう。

 

スキンケアの基本、化粧水と美容液

どう選べばいい?冬の化粧水

化粧水の主な役割は、保湿です。

冬でもその基本は変わりません。

化粧水は、次に使うスキンケアアイテムをお肌になじみやすくしてくれる、導入の役割があり、スキンケアアイテムとしては欠かせません。

しっかり保湿されていれば、その後の美容成分がぐんぐん浸透しますから、まずは化粧水で肌のキメを整えてあげることが大切です。

 

でも、化粧水の成分はほとんどが水分です。

保湿成分がたくさん溶け込んでいますが、冬場はどんどん蒸発していまうので、化粧水だけでは潤い不足になってしまいます。

ほかのアイテムの力を借りて保湿力をアップさせましょう。

また、年齢を重ねた肌にはエイジングケアも必要です。

多少は高価になりますが、エイジングケア化粧水がオススメです。

 

冬の美容液の役割は?どう選ぶ?

化粧水の後は、美容液で保湿しましょう。

さきほど、保湿の仕上げには保湿クリームをオススメしましたが、水分保持の観点から見れば、美容液も負けていません。

 

保湿クリームは油性成分中心のものが多いので、美容液でも十分保湿はできます。

保湿美容液でオススメなのは、保水力が抜群の成分、セラミドが配合されたアイテムです。

セラミドの成分は、ほとんどが油溶性(グルコシルセラミドは水溶性)のため、ほとんどが水分でできている化粧水には混ざりにくい性質があります。

美容液や乳液なら、ある程度油分があるのでセラミドを配合しやすい上に、保湿力の高いプロテオグリカンやヒアルロン酸などの水溶性成分も混ぜることができて一石二鳥です。

もし、保湿クリームの値段を抑えたかったり、油溶性成分中心のものを使うなら、水溶性成分も多いエイジングケア美容液もペアで使ってしっかり保湿するようにしましょう。

 

どれだけ保湿をしても乾燥するのはなぜ?

乾燥させないように生活習慣を見直し、スキンケアもしっかりしているのに、なぜかカサカサ…そんな人いませんか?

その原因は、もしかしたらクレンジングや洗顔かもしれません

いつも同じクレンジング料や洗顔料を使っていて、スキンケアアイテムも変えていない。

 

だけど、去年より今年の方が乾燥している気がする…そんな悩みをお持ちの人もいるかも。

それは、考えたくないことですが、年齢のせいかも

どれだけエイジングケアを念入りにしてみても、去年よりは今年、今年よりは来年と、誰でも1つずつ歳を重ねていき、肌も老化してきます。

徐々に皮膚の弾力が減り、バリア機能が弱くなって刺激に敏感になっていきます。

そうなると、去年まで使っていたクレンジング料や洗顔料が肌に合わない、ということも出てきます。

 

冬こそチェック!クレンジング

洗顔もそうですが、年齢を重ねると、クレンジングで肌にかける負担が大きくなります。

だから、保湿しているのに効果が感じにくいという人はクレンジング料を見直してみましょう。

オイルタイプは洗浄効果が強すぎて肌の潤い成分まで奪ってしまうので、ミルクタイプや水性のジェルタイプ、クリームタイプの方が低刺激です。

商品名としては、クレンジングミルク、クレンジングジェル、クレンジングクリームといったものを選びましょう。

 

生活習慣も見直して冬の乾燥肌対策を

入浴時のポイント

日本の冬になくてはならないのが、温か~いお風呂。

美容と健康のためには、シャワーだけよりも湯船に漬かるのがオススメです。

しっかり温かめると全身の血行がよくなるので、リラックスしてストレス解消にも役立ちます。

ここで、冬の乾燥肌対策のために気をつけたい入浴時のポイントを。

 

  • 冬の入浴時間の目安は、39度なら20分程度、40度なら15分程度、長風呂はNG。
  • 41度以上の高温の入浴は毎日続けない。
  • 脱衣所が寒くならないよう気をつけ、風呂場との温度差に注意。
  • 就寝1~2時間前までに入浴をすませる
  • 入浴剤を使う場合は、成分に注意

 

肌が敏感になっている時期や、乾燥肌・皮膚トラブルのある方は、湯温の刺激で赤みやかゆみが出ることもありますから、熱すぎるお風呂は厳禁です。

また、体を洗うときは、タオルでゴシゴシこするのも刺激になるので避け、優しく洗うようにしましょう。

 

冬でも大切!紫外線対策

紫外線ダメージを決めるのは、

“紫外線の強さ × 紫外線を浴びている時間”

です。

夏場より紫外線が弱まる冬は、つい油断しがちですが、紫外線が全くないわけではありません。

紫外線は年中降り注いでいますし、弱くても長時間浴びていれば大きなダメージを受けてしまうので、冬でもしっかり紫外線対策をしましょう。

 

寒い時は、厚着をすれば身体のほとんどの部分が隠れ、紫外線を浴びる部分は限られてきます。

日焼け止めは、顔など肌が露出する部分、特に年齢が出やすい首などにしっかり塗り、適宜塗り直すようにしましょう。

日焼け止めは夏ほど強力なものでなくてもかまいません。

2~3時間の外出なら、PA値は+、SPF値は10程度でも十分、紫外線を防いでくれます。

 

暖房にも注意!

寒くなると、どうしても暖房は欠かせませんよね。

でも、お肌のためには暖房も注意が必要

暖房でお部屋の空気が乾燥すると、お肌にも良くありません。

ここで気にしてほしいのほ、お部屋の相対湿度です。

 

相対湿度とは、ある温度の空気が含むことのできる最大の水分量(飽和水蒸気量)に対し、実際に含んでいる水分の値のことです。

暖房でお部屋が温まると、温度は上がっても水分量だけは変わりません

相対湿度が下がったことになり、身体が“お部屋が乾燥した”と勘違いしてお肌も乾燥するのです。

 

それを防ぐには、まずはエアコンの直風を避けること

エアコンの風が刺激になって、お肌が乾燥してしまいます。

さらに、加湿器などを利用して、お部屋の水分を補いましょう。

加湿器のほかにも、濡れタオルや水を入れたコップ、観葉植物を置いたりして、手軽な方法でお部屋の水分を確保することができます。

ただし、精密機械があるようなオフィスでは、湿気が多すぎると機器に支障が出ますから、加湿しすぎには注意しましょう。

 

静電気もお肌の大敵

冬場によく発生する静電気、ビリッとくる感覚はイヤ~な気分になりますよね。

実はこの静電気、お肌の大敵なんです。

健康な肌なら、少しくらいビリッときても問題ないのですが…。

乾燥してバリア機能が弱くなっているお肌には、、静電気が刺激になって、バリア機能がさらに低下することも。

何度もビリッとしてしまうと、お肌には大ダメージです。

 

静電気は湿度20%以下の環境下で発生しやすいので、予防するには室内の加湿が効果的です。

また、衣服は帯電しやすい化学繊維よりも天然繊維のものがいいでしょう。

静電気防止グッズもオススメですよ。

乾燥対策でスキンケアをするとともに、静電気のことも意識しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

空気が乾燥する冬、乾燥肌を防ぐポイントは、いかに保湿をしっかりするかに尽きます。

化粧水や美容液、クリームなどのスキンケアアイテムを活用するのはもちろん、

エアコンの使い方や入浴法、静電気にも気をつけて、肌のダメージを減らすように心がけましょう。

肌の保水力を高めれば、冬の乾燥なんてへっちゃら!

正しいスキンケアのコツを知って、楽しみながらスキンケアできればいいですね。

 

*日本一売れているエイジングケア美容液の実力とは?

レビュー
【口コミレビュー】アイムピンチが効かない?効果ない?エイジングケアが本当にできるのか実際に使って試してみた!

メイクだけでは到底隠すことは不可能?深いシワや濃いシミ。まさに今!肌がピンチ!と限界を感じてる方……どんな対策をしていま ...

続きを見る





★アイムピンチ公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!





スポンサーリンク


-乾燥肌, 化粧品

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.