アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

エイジングケア

年齢肌の原因は?肌老化はエイジングケアで解決できない!?メカニズムを徹底解説

投稿日:



皆さんは、エイジングケア化粧品の持つ本来の役割と効果についてご存知でしょうか?

肌の老化対策として使用するものという認識の方が多いようですが、実はその答えは正しいとは言えません。

 

そこで今回は、効果的なエイジングケアを行うためにも知っておきたい肌の老化について解説していきたいと思います。

肌の老化の原因やメカニズムについて詳しく掘り下げていきますので、さっそくみていきましょう。

 

肌が老化するとは?そもそもどんな状態?

症状が目立ち始めるには個人差がありますが、誰しも年齢を重ねるにつれてカサカサ・スカスカな肌になってしまうものです。

これはつまり、乾燥により肌の潤いが不足することでハリ・ツヤが失われてしまったことによる症状のひとつです。

潤い以外では肌の弾力が失われていくことが多く、そのような場合にはシワ・たるみなどのエイジングサインがあらわれます。

さらに長年蓄積した紫外線によるダメージの結果、以下のような症状が目立ち始めるケースも多くあります。

 

  • シミ
  • そばかす
  • くすみ
  • ほくろ

 

これらの症状こそ、いわゆる肌の老化したサインです。

このような見た目で分かる肌の変化は、総じてエイジングサインと呼ばれています。

では、こうした肌の老化・エイジングサインはなぜ起きてしまうのでしょうか?

少々難しい表現になってしまいますが、肌の老化とは肌本来の機能が衰えることを意味しています。

では肌が老化すると、具体的にどのような症状がでてくるのでしょうか?

具体的な例して、次の症状が挙げられます。

 

  • ハリ・ツヤに影響する線維芽細胞の減少
  • 細胞のはたらきの低下
  • 表皮細胞のターンオーバーサイクルが遅くなる
  • 肌の弾力に影響するコラーゲンやエラスチンの減少・質の低下
  • 血液の循環が悪化
  • 皮膚が薄くなり刺激を感じやすくなる

 

肌の老化に伴いこれらの症状が起こることによって、以下のエイジングサインが目立ちやすくなります。

 

  • シミ・そばかす
  • くすみ
  • しわ
  • たるみ
  • ほうれい線
  • ほくろ

 

このようなエイジングサインが現れ始める年齢には個人差がありますが、一般的には30代前後から気になり出す方が多いようです。

 

肌が老化する原因とは?どのようなメカニズムで起こるの?

身体全体が老化する原因として、以下のものが挙げられます。

 

  • 加齢
  • 細胞の酸化・糖化
  • ストレス
  • 過度な運動

 

これらが影響し、内蔵や筋肉のほか骨など身体全体のあらゆる部分が老化してしまいます。

身体全体ということは、肌も例外ではありません。

とりわけ、肌が老化するには特有の原因があるとされています。

ただし、その特有の原因とされているものには諸説あり断定することは難しいというのが正直なところです。

 

今回、この記事では主な原因とされている8つについて詳しく解説していきたいと思います。

それぞれの原因が肌に与える影響についても、合わせて解説していきます。

 

加齢による肌の老化

肌をはじめ身体の老化に最も影響を与えるとされる加齢

程度には個人差がありますが、加齢による老化はどなたにも起こる現象です。

誰しも等しく年齢を重ねていくわけですので、これに関しては避けられないというところですね。

 

加齢とともに起こる肌の機能の低下や肌を構成する成分量の現象の結果、肌が老化してしまうというわけです。

後に解説するホルモンの減少や血管・リンパ管の劣化に関しても、つまるところ加齢が原因といえます。

では、具体的な症状の例を挙げていきましょう。

 

まず、年齢を重ねるにつれて肌のターンオーバーサイクルは遅くなってしまいます。

さらに、肌の若々しさを保つために必要な以下の成分が徐々に減少していきます。

 

  • 水分
  • 皮脂
  • エストロゲン
  • セラミドコラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸

 

肌が菲薄化(ひはくか)することによる老化

あまり聞き慣れないという方もいらっしゃるかもしれませんが、肌の菲薄化とは皮膚が薄くなることを意味しています。

もともとの体質や身体の部位によっても厚みの異なる皮膚ですが、基本的に年齢を重ねるにつれて薄くなっていくといわれています。

つまり、この菲薄化にも加齢が関係しているというわけですね。

なぜ加齢とともに菲薄化が進むのか、その理由として以下の点が挙げられます。

 

真皮にある線維芽細胞は、肌のハリツヤに影響する重要な部分です。

この線維芽細胞が加齢とともに衰えていきます。

すると十分なコラーゲンやエラスチンなどの成分が生成されず、これらが不足した結果として真皮の厚みが減ってしまうというわけです。

 

また、肌の表皮では水分量・皮脂量が減少していきます。

これも菲薄化を加速させる要因といえます。

ただし、表皮の場合は身体の部位によって加齢とともに角質が厚くなっていくケースもあります。

 

さらに、年齢を重ねるごとに女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少していきます。

エストロゲンの減少によって起こる弊害として、コラーゲンやエラスチンの生成が十分に行われなくなることが挙げられます。

これも菲薄化の要因のひとつといえます。

 

このように複数の要因から、肌が薄くなってしまうのです。

肌が薄くなってしまうと、シワやたるみ・ほうれい線など様々なエイジングサインにつながってしまいます。

それだけではなく、菲薄化の結果として次のようなリスクが高まってしまいます。

 

  • 刺激に弱くなる
  • 免疫力が低下する
  • 感染症にかかりやすくなる

 

紫外線ダメージの蓄積による老化

紫外線がお肌の大敵ということは、今や広く知られています。

この紫外線は、実は肌が老化する大きな原因ともいえます。

 

夏場などの強い紫外線を浴びたり、 長期間浴び続けることで、肌の組織は破壊されてしまうほどのダメージを受けてしまいます。

このような紫外線のダメージによる肌の老化は、光老化と呼ばれています。

このとき、皮膚組織では次のような変化が起きています。

 

  • メラニンが増加する
  • コラーゲンの変性・減少
  • エラスチンの変性・減少
  • 線維芽細胞が損傷して活力を失う

 

これらの変化が起きた結果、以下のようなエイジングサインを加速させてしまいます。

 

  • 皮膚が透明感を失い黄ばむ
  • シミ
  • そばかす
  • ほくろ
  • 乾燥
  • シワ

 

ひどい場合には、良性の腫瘍である脂漏性角化症になることもあるため注意が必要です。

また、変性したエラスチンの増加により日光弾性線維症になる可能性もあります。

さらには、日光角化症と呼ばれる癌の前段階ともいえる状態や皮膚癌になる可能性も否めません。

 

このように、紫外線は肌の老化に多大な影響を与える要因といえます。

これほどまでのリスクを考えると、各化粧品会社やメディアが紫外線対策の重要性を発信しているのも納得ですね。

 

酸化が招く肌の老化

私たちの身体の生命維持活動において、酸素は必要不可欠であり非常に重要です。

常に呼吸し続けることで、成人の場合一日あたり約500リットル以上の酸素を体内に取り込んでいるといわれています。

酸素が活性化した状態のことを活性酸素と呼び、体内の活性酸素が一定量を超えた場合肌へダメージを与えてしまうリスクが高まります。

活性酸素は、体内の脂質と結合することで過酸化脂質をつくりだします。

この過酸化脂質が、肌の酸化を進行させる原因というわけです。

 

肌が酸化することにより、肌の表皮や真皮の細胞がダメージを受けてしまいます。

また、コラーゲンやエラスチンなどの成分の変性を引き起こします。

さらには、生活習慣病や認知症のほか癌などの様々な病気の原因となる可能性もありますので注意が必要です。

肌の酸化を招く原因として、以下のものが挙げられます。

 

  • 紫外線
  • ストレス
  • 喫煙
  • 大気汚染

 

紫外線による肌へのダメージについては前項でも解説してきましたが、実は紫外線は活性酸素とも深く関係しています。

 

乾燥による老化

先述したように、加齢は肌の老化させる原因のベースとなっています。

年齢を重ねた肌に乾燥という要素が加わると、さらに肌を老化させる原因となってしまいます。

乾燥による影響は表皮だけなく、長期化すると肌内部の真皮にも悪影響を与えてしまいます。

乾燥によるダメージによって発生するエイジングサインとして、以下のものが挙げられます。

 

  • シワ
  • しみ
  • たるみ
  • ほうれい線
  • シミ

 

こうしてみると、気になるエイジングサインのほぼすべての症状に乾燥が影響していることがお分かりいただけるかと思います。

スキンケア・エイジングケアの基本は乾燥対策と言われるのは、このような背景があってのことというわけです。

 

糖化による肌のダメージからくる老化

糖化とは、体内のたんぱく質と糖が結びつくことを意味します。

酸化の場合はサビつくという表現をされることが多くありますが、そのような例えでいうと糖化は焦げつきのようなものです。

糖化は、その現象を発見した方の名前からメイラード反応とも呼ばれることもあります。

 

血液中に必要量以上の糖がある場合、その余剰分は体内のたんぱく質と結びつきます。

つまり、これが糖化です。

この糖化の結果、終末糖化産物と呼ばれる物質がつくりだされます。

終末糖化産物の持つ強い毒性は、肌をはじめあらゆる身体の老化を促進させる原因物質とされています。

 

ケーキやクッキーなどの生地を焼くと、淡いクリーム色だったものが茶色く変化します。

これは、糖化現象のわかりやすい例のひとつといえます。

このような働きから、終末糖化産物は肌の色にも与えます。

具体的には、肌のくすみ・黄ぐすみの原因となってしまいます。

 

実はこの糖化とは、終末糖化産物の発生よるものに限ったことではありません。

たんぱく質と糖が加熱されてできた食べ物には、終末糖化産物が多く含まれています。

そのような食べ物を摂取することで、次第に体内では終末糖化産物が溜まってしまいます。

終末糖化産物を多く含む食べ物として、以下のものが挙げられます。

 

【動物性タンパク質を含む食材を使用した】

  • ステーキ
  • 揚げ物
  • 炒め物
  • 焼き物

 

体内の終末糖化産物が増加すると肌の糖化も進行し、肌内部の真皮にあるコラーゲンやエラスチンなどの成分にも悪影響を与えてしまいます。

コラーゲンやエラスチンなどの成分はたんぱく質で構成されているため、終末糖化産物と糖化する性質によるものです。

その結果として、肌のハリ・ツヤが失われてしまうというわけです。

このように、糖化は肌を老化させる要因のひとつといえます。

 

女性ホルモンが減少したことによる老化

女性ホルモンとは、次の2つを指します。

 

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)

 

卵胞ホルモンであるエストロゲンですが、実は複数の成分の総称であるということはあまり知られていません。

エストロゲンには以下の成分が含まれます。

 

  • エストロン
  • エストラジオール
  • エストリオール
  • エステトロール

 

これらは卵巣から分泌される女性ホルモンであり、美肌に関係する成分といわれています。

その理由として、エストロゲンの働きが挙げられます。

エストロゲンには、肌内部の真皮層にあるコラーゲンの生成を助ける働きがあります。

そのほかにも、次のような働きを持っています。

 

  • 基礎体温を下げて安定させる
  • 骨の形成を促進させる
  • 自律神経を整える
  • 子宮内膜を厚くして受精卵の着床をサポートする

 

一方のプロゲステロンは、肌とどのように関係しているのでしょうか?

プロゲステロンは、皮脂量の増加させるほかメラニン色素生成を促進させる働きを持っています。

そのため、大人ニキビなど肌荒れの原因にもなりかねません。

 

これらの女性ホルモンは、一般的に25歳~30歳前後をピークとして加齢とともに減少していきます。

40代に差し掛かるあたりからの減少は非常に顕著で、50歳前後の閉経後は非常に少ない数値になります。

女性ホルモンが減少した結果、体内のコラーゲン生成量も大幅に減少してしまいます。

すると表皮だけでなく真皮層の弾力も失われ、肌全体が薄くなる菲薄化につながります。

 

このように、女性ホルモンの減少も肌を老化させる要因のひとつといえます。

また、女性ホルモンのバランスを崩す原因として以下のものが考えられます。

 

  • ストレス
  • バランスの悪い偏った食事
  • 運動不足
  • 無理なダイエット
  • 喫煙

 

このほかに女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことも肌の老化を促進させる原因とされていますので、注意が必要です。

 

血管・リンパ管の劣化による老化

全身に張り巡らされた血管は、身体中の隅々まで血液を届けるための重要な役割を担っています。

そのうち毛細血管は肌内部の真皮を通っており、肌に必要な栄養分を届けるために必要不可欠です。

そのため、毛細血管が衰えてしまうと肌に必要な栄養分が十分に届かなくなってしまいます。

この毛細血管もまた、年齢を重ねるとともに衰えていきます。

さらに、血管の衰えを促進させる原因として次のものが考えられます。

 

  • 不十分な紫外線対策
  • ストレスなどによる活性酸素の増加
  • 糖質の過剰摂取
  • 偏った食事
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 身体の冷え

 

このように、血管の衰えは肌の老化にもつながります。

血管と同様に、全身に張り巡らされているのがリンパ管です。

このリンパ管は、体内の老廃物を回収・排除するために非常に重要です。

肌内部の真皮では、リンパ管は毛細血管に寄り添う形で通っています。

ここでのリンパ管の役割は、不要になった栄養分や水分の回収・排出です。

このリンパ管のおかげで、肌の代謝が正常に保たれているというわけです。

 

このように重要なリンパ管ですが、加齢に加えて紫外線の影響により大きなダメージを受けてしまいます。

その結果、シワが目立ちやすくなるなど肌を老化させる原因となります。

また、リンパ管の衰えによって起こるむくみは、皮下脂肪の増大・蓄積させてしまいます。

研究の結果、これによって肌のたるみを引き起こすということが分かってきました。

このように、血管と同じくリンパ管の衰えも肌の老化と深く関係しているのです。

 

複数の要因が絡み合うことで肌の老化が起きる

これまでに、肌を老化させる原因として考えられる8つについて解説してきました。

各項での解説をご覧いただくとお分かりのように、実は肌の老化にはひとつの原因に対してそのほかの要素も深く関係しているのです。

 

そのため肌の老化対策には、原因とされる各要素をしっかり抑えるとともにトータル的なケアを考えることが重要になってきます。

 

結論!肌の老化を遅らせるためには?

肌の老化を遅らせるためには、これまでに解説してきた8つの原因に対してしっかりと対策をとることが肝心です。

正しいエイジングケアを行うことは、肌の老化予防に非常に効果的と考えられます。

 

エイジングケア化粧品による保湿などのスキンケアや、十分な紫外線対策のほか肌を清潔に保つことも肌の老化を予防するためには大切なことといえます。

とはいえ今回解説した8つの原因に対して、エイジングケア化粧品のみでカバーできる点がそう多くないということにお気づきの方もいらっしゃることでしょう。

 

医学・医療の進歩が著しい現代では、美容整形など外科的な施術による結果として若々しい肌を肌を取り戻すという選択肢も増えてきています。

しかしながら、できることならセルフケアで若々しく健やかな素肌を維持したいところですよね。

そのためにも、肌の老化によるエイジングサインが目立ち始める前からケアをすることが重要になってきます。

症状があらわれる前からケアをするという予防美容の考え方は、エイジングケアに非常に有効といえます。

 

肌の老化対策として最も肝心なことは生活習慣の見直し・改善です。

食事のバランスや積極的な運動のほか十分な睡眠など、毎日の生活習慣から意識的に肌の老化を予防していきましょう。

 

まとめ

今回は、効果的なエイジングケアを行うためにも知っておきたい肌が老化する原因やメカニズムについて解説してきました。

 

肌が老化する原因はひとつとは限らず、複数の要素が関係しています。

その大部分は加齢によるものですが、きちんとしたケアを行うことで肌の老化を予防することが可能になります。

肌が老化するメカニズムをしっかり理解することで、より効果的にエイジングケアすることができますね。

 

*日本一売れているエイジングケア美容液の実力とは?





★アイムピンチ公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!





スポンサーリンク


-エイジングケア

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.