アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

エイジングケア 乾燥肌

秋の乾燥肌はどう対処する?肌トラブルの原因とは?年齢肌に合わせたスキンケアを

更新日:



紫外線の気になる夏が過ぎ、乾燥しがちな秋を迎えます。

この時期は空気が乾燥しているため、肌も乾燥しやすくなってしまう季節ですね。

これからより一層乾燥する冬の到来に向けて、今からしっかりと保湿をして乾燥肌対策を行うことが肝心です。

 

そこで今回は、今の季節に押さえておきたい乾燥肌対策について解説していきたいと思います。

乾燥肌の予防や改善方法のほか、日々のスキンケアやエイジングケアのコツについてもご紹介していきます。

 

なぜ秋に?乾燥肌など肌トラブルの原因とは?

強い日差しの降り注ぐ夏と比較すると過ごしやすい気候の秋は、肌に負担の少ない季節のように思われるかもしれません。

しかし、実はそうとも言い切れないのです。

 

確かに日差しは弱まるものの、気温の下がり冷え込む日の増す秋。

冷たい風や乾燥により、肌はストレスを受けやすい季節ともいえます。

その結果、肌荒れにつながってしまいます。

 

秋に肌が荒れてしまいがちな原因として、次の3つが考えられます。

 

夏の紫外線によるダメージの蓄積でゴワゴワ肌に

夏の強い紫外線は、肌に大きなダメージを与えます。

そのダメージが蓄積した結果、次のようなことが起きてしまいます。

 

UVBによるバリア機能の低下

秋を迎える頃になると、肌のカサつき・ゴワつきが気になりだすという方もいらっしゃるかと思います。

実は、この症状には夏の間に受けた強い紫外線が影響していると考えられます。

夏の紫外線は、ほかの季節とは比べ物にならないほどの非常に強いレベルです。

この強い紫外線の中にはUVBと呼ばれる紫外線B波が含まれていて、これにより肌表面に強いダメージを与えます。

 

UVBによるダメージが蓄積した結果、肌の角質層の水分は失われていきます。

すると、肌が乾燥した状態になってしまいます。

肌が乾燥した状態が続いてしまうと、肌が本来持っているはずのバリア機能までもがその働きを失ってしまいます。

 

バリア機能を失った肌は、それでも何とかして肌を守ろうと角質層を生成します。

この角質層が増えて厚くなることで、肌のカサつき・ゴワつきを感じるようになるというわけです。

夏にしっかりとした紫外線対策などのケアをしていなかった場合、このように秋を迎える頃になって肌への影響が出始めてしまいます。

 

UVAによる光老化

先述したしたUVBのほか、紫外線の中にはUVAと呼ばれる紫外線A波も含まれています。

肌表面にダメージを与えるUVBに対し、UVAによるダメージは肌内部の真皮にまで及びます。

真皮には、肌のハリ・ツヤなどに関係する以下の成分が存在しています。

 

  • 線維芽細胞
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸
  • プロテオグリカン

 

UVAは、これらの成分にまでダメージを与えてしまうのです。

その結果として、肌の老化につながってしまうよです。

この紫外線による影響は、光老化と呼ばれています。

光老化は、肌のエイジングサインを加速させる原因にもなりかねません。

夏の間に紫外線対策やスキンケアが正しく行われていない場合、秋になってから次のようなエイジングサインが目立ち始めることが多くあります。

 

  • 乾燥肌
  • 肌荒れ
  • シワ
  • ほうれい線
  • たるみ

 

このような症状の悪化を避けるためにも、正しいスキンケアを行うことが重要になってきます。

紫外線によるダメージをできるだけ早くケアをすることは、エイジングサインの予防にもつながります。

 

秋は季節の変わり目=肌にとってストレスの多い季節

季節の変わり目に体調を崩したご経験のある方も少なくないのではないでしょうか?

これには、気圧が関係しているといわれています。

 

低気圧と高気圧が入れ替わり通過していく秋は、その影響から気温の上がり下がりも激しくなりがちです。

この気温の落ち着かない気候に適応しなくてはと、私たちの身体はフル活動します。

身体が頑張りすぎてしまった結果、自律神経の乱れや女性ホルモンのバランスが崩れるなどの影響が出る場合があります。

これにより、体調を崩しやすくなるというわけです。

 

季節の移り変わりや気温の変化など、外部の環境の変化をいち早く察知する重要な役割を担っているのが肌なのです。

日差しや気温などの刺激を受けた肌は、その外部の情報を脳に伝達します。

すると脳からの指示により、肌をはじめ私たちの身体は刺激に対して様々な反応するわけです。

 

外部環境の変化が著しいということは、この刺激と反応を多く繰り返さなければなりません。

これは肌にとって、相当なストレスを与えることにもつながります。

また気温が下がると、どうしても体温も低くなってしまいます。

体温が低くなると体内の血行が悪くなってしまうため、こちらも注意が必要です。

血行不良は、肌のターンオーバーが正常に行われなくなる可能性が高まります。

これはつまり、秋に起こりがちな乾燥や肌荒れなどの肌トラブルにもつながります。

 

空気中の乾燥&皮脂分泌量の低下による肌トラブル

秋は冬に比べれば温かいとは言え、秋は気温のアップダウンが激しい季節です。

変動の激しいながらも日毎に気温は低下していき冬へと向かい一層冷え込みを強めていきます。

このような気温の変化は、健やかな肌を保つために必要な成分の分泌にも影響を与えてしまいます。

その成分のうちのひとつとして、皮脂が挙げられます。

皮脂=テカリの原因と思われている方もいらっしゃるようですが、この皮脂にも重要な役割があるのです。

 

皮脂と汗が混じることで皮脂膜が作られます。

この皮脂膜は言わば天然の保湿クリームといっても過言ではなく、肌の水分の蒸発をブロックしてくれるバリア的な役割を果たしています。

ところが、気温の変化により皮脂量が低下すると皮脂膜は薄くなってしまいます。

その結果、肌の水分の蒸発を防ぐ機能が弱まってしまい乾燥肌になってしまうというわけです。

 

秋は気温だけでなく湿度も低下する傾向にあり、空気が乾燥しはじめる時期ともいえます。

湿度が低いため、汗をかいても夏のようなベタつきを感じることもありません。

体感的にサラッとしているので快適のように思えますが、注意すべき点もあります

 

空気が乾燥している秋は、汗の蒸発する際必要以上に肌の水分を奪っていきます

これも、秋に肌が乾燥しやすい原因のひとつといえます。

 

さらに、肌寒くなるとエアコンなどの暖房器具を使用する機会が増えてきます。

暖房により室内の空気はより乾燥するため、乾燥肌が加速することも考えられます。

このように、秋から冬にかけての今の時期は乾燥肌を引き起こす様々なリスクが潜んでいるのです。

 

その後どうなる?秋の乾燥肌がひどくなった場合

これまでに、秋の乾燥肌を引き起こす主な原因について解説してきました。

 

それぞれの原因により引き起こされる症状は、個々に考えるとそれほど大きなものではありません。

しかし、複数の原因によるダメージを同時に受けてしまった場合は症状が悪化する可能性があります。

特に肌が弱い方は、症状がひどくなる場合がありますので注意が必要です。

 

症状が悪化した場合、次のようなことが考えられます。

 

乾燥が原因によるかゆみがでる

もともと敏感肌・アトピーの方に限らず、秋の乾燥によって肌のバリア機能がより低下させてしまいます。

そのような状態が続いてしまうと、本来肌内部の真皮にあるべき神経線維が表皮に移動してしまうことにもつながります。

乾燥が影響して神経線維がより刺激を感じやすくなってしまった結果、かゆみといった症状を引き起こす場合があります。

 

バリア機能低下により皮膚感染症にかかるリスクが高まる

乾燥による皮脂分泌の低下も、肌のバリア機能を損なう要因のひとつです。

また、夏の強い紫外線によってダメージを受けた肌は免疫が低下しています。

それに加えてバリア機能までも低下するとなると、秋に舞う花粉からの刺激やウイルス・細菌に対する抵抗力も弱まってしまいます。

肌トラブルが重なった秋の乾燥肌は、皮膚感染症にかかるリスクが高まるため注意が必要です。

 

手肌の皮膚病を発症しやすくなる

気温・湿度の低下は乾燥肌による症状を悪化だけでなく、以下の症状を引き起こしやすくなります。

 

  • 手湿疹
  • ひび割れ
  • あかぎれ
  • 進行性指掌各皮症
  • 皮脂欠乏性湿疹(皮脂欠乏性皮膚炎)
  • 老人性乾皮症

 

このように、秋の乾燥による影響は手肌にも及びます。

症状の悪化を防ぐためにも、こまめにハンドクリームを塗り込むなどの保湿が重要になってきます。

 

予防と対策が肝心!秋の乾燥肌のスキンケア

これまで解説してきたように、秋の乾燥による肌トラブルが続いてしまうと症状を悪化させることにつながるため注意が必要です。

そのような事態を避けるには、日頃の正しいスキンケア・エイジングケアが効果的です。

 

秋の乾燥肌に効果的な正しいスキンケアとは、どのような点に気を付けるべきかご紹介していきましょう。

 

毎日の洗顔・クレンジングを見直してみる

刺激を受けやすい秋の乾燥肌を守るには、まず毎日の洗顔やクレンジングを見直すことが大切です。

年齢を重ねた肌の場合は特に乾燥がひどくなる傾向にありますので、この点はより慎重に考えることをおすすめします。

この時に気をつけるポイントとして、次の2つが挙げられます。

 

  • 適切な方法で洗顔・クレンジングができているか
  • 自分の肌質に合った洗顔料・クレンジングを選んでいるか

 

では、それぞれのポイントについて詳しく解説していきましょう。

 

肌を清潔に保つことがスキンケアの基本

乾燥して荒れてしまった秋の肌であっても、洗顔・クレンジングはしっかりと行わなくてはいけません。

季節を問わず肌表面の汚れをしっかり取り除くことは、スキンケアの基本ともいえます。

正しい洗顔・スキンケアによって汚れを綺麗に取り除いた肌は、その後塗布する保湿剤などの効果を十分に発揮させることが可能となります。

 

落としきれなかった汚れやメイクは肌を酸化させてしまい、エイジングサインを目立たせるきっかけにもなりかねません。

そのため日頃から正しい洗顔・クレンジングを行い、不要な汚れをしっかりと落とすよう心がけましょう。

 

特にエイジングケア世代は肌に優しいクレンジング剤を選ぶのが◎

メイクをきちんと落としきることは、肌を清潔に保つためにも大切なことです。

そのためにもクレンジングが必要になるわけですが、実は肌にとっては負担になってしまうものです。

このことを踏まえて、クレンジングには低刺激性のものを使用することをおすすめします。

肌に優しい低刺激性の商品であれば、クレンジングによる肌への負担・刺激を軽減することができます。

 

とはいえ、肌は加齢や季節ごとに状態が変化していきます。

そのため、使用している商品が今後も肌に合うかどうかは分かりません。

つまり、定期的に商品を見直すことが大切というわけです。

 

特に年齢を重ねエイジングケアを始められた方の場合には、肌への刺激の少ないマイルドなタイプのクレンジング剤・洗顔料を選ぶと良いでしょう。

クレンジング剤の場合、具体的には以下のような商品がおすすめです。

 

  • ミルクタイプ
  • クリームタイプ
  • 水溶性クレンジングジェル

 

また洗顔料の場合は、ラウロイルグルタミン酸Naなどをはじめとしたアミノ酸系界面活性剤を配合した商品がおすすめです。

 

スキンケアの要!秋の乾燥肌には保湿が肝心

秋の乾燥肌による症状を予防・改善するためには、十分な保湿が重要になってきます。

ひとくちに保湿剤といっても、化粧水で十分なのでは?と思われている方も多くいらっしゃるようです。

確かに、化粧水によって肌に水分を補うこともスキンケアとしては重要なことです。

しかし、これでは失われた水分を一時的に肌が補給したに過ぎません。

そこへさらに肌の保水力をアップさせるためには、保湿成分を配合した美容液を活用するのが効果的です。

 

一般的な美容液の場合、水溶性保湿成分と油溶性保湿成分を凝縮・配合しています。

この2種類の保湿成分の働きは、秋の乾燥肌対策の重要なカギを握っています。

近年様々な美容液が販売されているため、商品選びに悩まれてしまうこともあるかと思います。

そのような場合もサイトのランキングやクチコミなどの情報を鵜呑みにせず、事前にしっかりと成分の確認をしましょう。

保湿効果を第一とした美容液であれば、セラミドを配合した商品がおすすめです。

 

秋も油断大敵!この時期も大切なのは紫外線対策

さほど紫外線が強くない秋は、夏のように厳重な対策をしなくても良いのでは?と思われるかもしれません。

しかし、油断は禁物です。

たしかに夏と比較すれば弱まるとはいえ、秋だけでなく一年中紫外線は降り注いでいるのです。

そのため、紫外線対策も秋の乾燥肌対策のひとつとして重要といえます。

 

紫外線による肌への影響は、乾燥や老化を早めるなど実に様々です。

いくつになっても若々しい肌を維持するためにも、季節を問わずしっかりとした紫外線対策を行うことをおすすめします。

 

日焼け止めは、適切な量を塗布しないと十分な効果が得られません。

製品情報を確認し、適量の塗布・こまめな塗り直しを行うことが大切です。

 

秋にも注意!気を付けたい花粉症対策

花粉というと、一般的には春先に飛散するというようなイメージがあるかと思います。

しかし、実際には秋に花粉が飛散する植物も存在しています。

その代表的なものとして、以下の植物が挙げられます。

 

  • ブタクサ(8月~10月)
  • ヨモギ(8月中旬~10月)
  • カナムグラ(8月下旬~10月)

 

つまり、花粉症は春だけに起こる症状ではないのです。

秋タイプの花粉症の方の場合、今の時期になるとかゆみを感じて擦ってしまったり鼻をかむことが増えてしまいます。

すると、これが刺激となって肌に負担をかけてしまうことになります。

 

その結果、本来のバリア機能が弱まっている乾燥肌の場合症状が悪化してしまう可能性があります。

そのほかにも花粉症皮膚炎を引き起こすこともあるため、注意が必要です。

そのような事態を避けるためにも、春に限らず秋もしっかりとした花粉対策が肝心です。

具体的な対策としては、外出する際はマスクを着用することをおすすめします。

そのほか帰宅後のうがい・洗顔も効果的です。

肌を守るという意味でもきちんとした花粉対策を行い、肌にダメージを与える原因となる花粉を除去したいところですね。

 

まとめ

今回は、今の季節に押さえておきたい乾燥肌対策について解説してきました。

 

様々な要因から、秋は肌にダメージを与えがちな季節です。

夏を過ぎたからと油断していると紫外線による刺を受けやすいため、紫外線対策は入念にすることをおすすめします。

肌を労るために大切なことは、やはり適切な洗顔・クレンジングと保湿です。

皆さんも正しいスキンケア・エイジングケアを行い、健やかな肌でこの時期を乗り切りましょう。

 

*日本一売れているエイジングケア美容液の実力とは?

レビュー
【口コミレビュー】アイムピンチが効かない?効果ない?エイジングケアが本当にできるのか実際に使って試してみた!

メイクだけでは到底隠すことは不可能?深いシワや濃いシミ。まさに今!肌がピンチ!と限界を感じてる方……どんな対策をしていま ...

続きを見る





★アイムピンチ公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!





スポンサーリンク


-エイジングケア, 乾燥肌

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.