アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

エイジングケア 洗顔

米ぬか美白効果が凄い?!洗顔・手作りパックで赤ちゃん肌に♡方法から注意点まで徹底解説

更新日:



昔から美肌効果があることで知られている米ぬか。

米ぬかを使って洗顔したり、パックを作ったり、化粧水まで手作りしたりと、ノンケミカルにこだわりたい人に今も人気の美容法です。

米ぬかという天然の材料を使って手作りしてもいいですし、市販でも米ぬか化粧品は高く支持されています。

 

ここでは、米ぬか美容法についてまとめました。

米ぬかを使うことの効果や、手作り化粧品のレシピ、さらには注意点までまとめてあります。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

米ぬかって?米ぬかの効果は?

米ぬかは普段の生活ではあまり目にする機会はないかもしれません。

それもそのはず、米ぬかというのは、玄米を精米して白米にする際に出てくる、皮の部分のことだからです。

既に精米されているお米を買うことが多ければ、見たことがないという人もいるかもしれません。

 

米ぬかが重宝されているのは、栄養価が非常に高いからです。

単品で使用されることは少ないですが、米ぬか油やぬか漬けを作る過程で使用されます。

 

含まれている栄養素は、

 

  • アミノ酸
  • ビタミンE
  • ビタミンB群
  • ミネラル

 

などであり、そのどれもが人間の健康に必要不可欠なものばかりです。

 

そして、それらはそのまま美容効果にも優れていることを意味しています。

おかげで、メラニンの生成が抑制されたり、紫外線を吸収したり、酸化を防止したりという、その美白効果が注目されています。

 

米ぬかの主な美肌効果

米ぬかには優れた美容効果があります。

そのどれもが女性にとって嬉しいものばかりです。

紫外線を吸収し、さらにはメラニンの生成を抑制するため、美白効果があります。

また、皮膚が酸化するのを防止します。

 

くすみを取り、ハリやツヤが感じられる肌へと整えてくれます。

アンチエイジング効果に優れており、シミやしわも予防してくれます。

いかがですか。

嬉しい効果ばかりですよね。

 

そして米ぬかは美肌効果だけではないのです。

米ぬかを食べることで、健康を促進することもできるのです。

なにより食物繊維が豊富なおかげで、便通がよくなります。

ほうれん草の約10倍もの食物繊維が含まれているので、便秘対策にぴったりなのですね。

 

また、貧血も予防できますし、肩こりや腰痛、眼精疲労を緩和することができます。

コレステロールを下げて、高血圧を予防します。

免疫力を高めることで、抗がん作用を得られたり、生活習慣病の予防になったり。

 

そして、歯科的にも、歯垢が出来にくいという効果までありますよ。

これは米ぬかの恩恵にあずからないと損してしまいますね!

 

おすすめの米ぬか美容法

米ぬか洗顔

まずは取り組みやすい米ぬか洗顔のご紹介です。

米ぬか洗顔には

 

  • 米ぬかを肌に直接つける方法
  • ぬか袋を作って、それを使う方法

 

の2通りの方法があります。

それでは、米ぬかを直接つける方法から説明していきますね。

 

  1. 米ぬかを手に取ります(スプーン1~2杯程度)
  2. 水かぬるま湯を加えてしっかり混ぜます
  3. 混ざったら顔にそっと乗せて、マッサージします

 

マッサージする際には、力を加えずに優しく行います。

 

続いて、ぬか袋を作って使用する方法についてご説明しますね。

 

  1. 木綿の布か薄いハンカチを用意して、ぬか袋を作ります
  2. その袋の中に米ぬかを入れて口を紐などで縛ってこぼれないようにします。
  3. ぬか袋にお湯を含ませて、顔にそっと押し当てて洗います。

 

袋の中に入れる米ぬかはスプーン3~4杯くらいです。

 

いずれの方法でも、優しく顔をマッサージするのがポイントですね。

米ぬかは目が粗いのです。

よって、こすることで肌を痛めてしまう可能性があるからなのですね。

 

イメージしてほしいのは、米ぬかと肌の間に摩擦が起きない状態

それくらいの優しさで洗ってほしいです。

また、マッサージ後はぬるま湯をたっぷり使って、洗い流していきましょう。

もったいないと思ってしまいますが、一度使用した米ぬかは衛生上捨てるようにしましょう。

毎回米ぬかは新しいものを使用してください。

 

効果絶大な米ぬか洗顔ですが、毎日行う必要はありません。

週に1、2回程度で充分効果を感じられますよ。

 

米ぬかパック

続いては米ぬかで作る米ぬかパックです。

こちらも非常に簡単です。

 

まず、米ぬかと小麦粉を混ぜ合わせるのですが、一対一の割合で混ぜます。

それをペースト状になるまでしっかり混ぜておきましょう。

 

ペースト状となれば、塗りやすい硬さとなっています。

顔全体に優しく塗りましょう。

大体5分から10分程パックしましょう。

その後、しっかりと洗い流しましょう。

 

これに牛乳を少しだけ混ぜておくと、さらにもちもちしたお肌になれます。

その時の割合ですが、米ぬかと小麦粉を大さじ2使用し、牛乳は大さじ2分の1とします。

これがベストな割合です。

 

使用するのに一番良いタイミングは入浴中

身体が温まっている状態だとより効果を得られるので、浴槽に使っている時がベストでしょう。

毛穴が開いてくれると、汚れや皮脂がパックにどんどん吸着されていきますよ。

 

米ぬか化粧水

今回ご紹介する中では、これが一番手間がかかるものになります。

その分効果は絶大ですよ。

用意するものは6つです。

 

  • 米ぬか(15g)
  • 日本酒(大さじ1)
  • グリセリン(5㏄)
  • 精製水(150~200㏄)
  • 化粧水を入れる瓶やボトル
  • 小さな鍋

 

精製水やグリセリンはドラッグストアや薬局ですぐ手に入ります。

手作りの化粧水を作る時によく使われます。

それでは作り方のご紹介です。

まず、小さな鍋に米ぬかと日本酒と精製水を入れます。

そして、温めます。

この時、絶対沸騰することのないよう、弱火で2~3分混ぜながら温めましょう。

 

これらの材料がきちんと混ざっていることを確認して火を止めます。

その後、冷めるまで待ちましょう。

冷めてからグリセリンを投入します。

そして、保存容器に移しましょう。

 

これで、安心安全な米ぬか化粧水の出来上がりです。

米ぬかを使った洗顔、パック、化粧水をご紹介してきましたが、一つ注意点があります。

体質には個人差があるため、米ぬかが合わない可能性があります。

いきなり使うのではなく、腕のような目立ちにくい部位に少量つけてみて、パッチテストを行いましょう。

 

米ぬかってどこに売ってるの?米ぬかの売り場

これだけ美容と健康に良い米ぬかですが、どこに売っているかご存知でしょうか。

案外見かけたことがないと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

実は今現在、精米所やお米屋さんでしか米ぬかを買うことはできないようです。

そもそも精米所なんて近所にないとおっしゃる方も多いかもしれませんね。

お米屋さん自体もかなり数を減らしています。

 

米ぬかを販売しているスーパーマーケットもあるようなのですが、その割合は低いようです。

 

また、せっかくであれば精米したてを使うことをお勧めします。

出来る限り新鮮な米ぬかを使った方が安全で、効果も高いからです。

こうなると米ぬかを手に入れるまでが大変かもしれませんね。

それでも、美容と健康に良い米ぬか、ぜひ探して使ってみてもらいたいです。

 

米ぬか美容法の注意点は必ず知っておこう!

先ほど、米ぬかを使う時の注意点として、パッチテストを行ってくださいと言いましたが、他にも注意点があります。

 

せっかく米ぬかを使ったのに、綺麗になるどころか、肌が荒れてしまったとなれば残念ですよね。

そうならないように、これから挙げる注意点をしっかり守って米ぬかを使ってくださいね。

 

米ぬか選びを誤らない

先ほど、出来る限り新鮮な米ぬかを使ってほしいという旨を述べました。

なぜそこまで言うかというと、米ぬかは非常に酸化しやすいからなのです。

 

保存期間は予想以上に短く、冷蔵庫であれば2、3週間、冷凍庫であっても1ヶ月程度しか保存できません。

この保存期間を過ぎてしまえば、酸化している可能性が非常に高くなります。

もし既に酸化している米ぬかを使ってしまったら、美容に良いどころか、ニキビなど肌荒れにつながってしまいます。

米ぬか選びは非常に大切なことであり、

 

「いつ精米したものか」

 

「鮮度表示はされているのか」

 

等をしっかりチェックして購入しましょう。

通販を利用すれば、このあたりが明確に記載されていることも多いようです。

米ぬかは、常温保存であれば10日も経てば既に酸化しているくらいのデリケートさです。

よって、お米屋さんで買う際には、いつ精米したのかきちんと自ら確認してくださいね。

 

酸価という数値があります。

これは、酸化の度合いを測定する数値であり、精米後1日の米ぬかが2倍となります。

3日で4倍、10日で10倍と、どこまで酸化が進んでいるか、この数値で証明できるものになっています。

この酸価から考えると、精米後3日以内のものを選ぶのがよいでしょう。

 

あと、鮮度と加えてもう一つ、

 

有機栽培かどうか

 

も非常に大きなポイントです。

玄米に農薬を使用していると残留農薬が溜まりやすいため、逆に健康に悪影響を及ぼすかもしれません。

よって、使用された玄米が農薬を使っていない有機栽培かどうか、しっかり確認しておくとよいでしょう。

 

米ぬかの保存について知っておく

米ぬかの保存期間は短いですが、それだからこそ、保存方法をしっかり把握しておきましょう。

米ぬかは大量に手に入ることが多いからです。

すぐに使い切れる量ではない可能性が高いので、きちんと保存しておきたいですね。

 

まず、米ぬかは小分けにしましょう。

きっと大袋で手に入った状態だと思いますが、それを小分けにすることで保存しやすくなります。

出来るだけ密封できる容器や袋に小分けにしましょう。

 

そして、米ぬかの酸化スピードは非常に早いです。

常温で保存は不可能だと考えてよいでしょう。

よって、冷蔵庫や冷凍庫にて保存するようにしましょう。

 

冷蔵庫で保管すれば2、3週間はもちますし、冷凍庫であれば1ヶ月は大丈夫です。

それならばうまく使いきれそうですね。

 

まとめ

いかがでしたか。

美容にも健康にもよい米ぬか、すぐに試してみたくなりますよね。

 

米ぬか洗顔、米ぬかパック、米ぬか化粧水とご紹介しましたが、いずれも安心安全で、高い効果が得られます。

その効果はどれも女性にとって嬉しいものばかりです。

 

米ぬかは今現在入手困難かもしれませんが、通販では購入しやすいと思いますので、ぜひ新鮮な米ぬかを手に入れて、役立ててみてください。

 

*日本一売れているエイジングケア美容液の実力とは?

-エイジングケア, 洗顔

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.