アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

エイジングケア 乾燥肌

皮脂でテカるのに乾燥肌!?インナードライの見分け方は?適切な対策方法で簡単ケア

更新日:

冬の肌は乾燥しがちです。

空気も乾燥していますし、エアコンも肌に悪影響を及ぼします。

そして、

 

「乾燥しているのにテカっている」

 

という扱いにくい状態になるのも冬の肌の悩みですよね。

 

テカっていると皮脂テカケアに力を入れがちですが、本当にそれでよいのでしょうか。

皮脂が多いからといって、皮脂を取ってしまうと、お肌にますますダメージが加わるかもしれません。

だって、それはインナードライ肌かもしれないからです。

 

冬の乾燥のせいで起こる隠れ乾燥肌であれば、きちんと改善させないと取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

そこで、ここでは、そんな

 

「インナードライ肌=隠れ乾燥肌」

 

の原因や対処法についてまとめてみました。

 

なぜ、冬に乾燥肌がインナードライ肌になるの?

テカっているのだから脂性肌なんだろうと自己判断をして、毎日あぶらとり紙が手放せないという方、ちょっと待ってくださいね。

冬にそんな状態になるというのは、インナードライ肌のせいかもしれませんよ。

 

肌は水分量が非常に少ない状態になってしまうと、乾燥してどんどん水分が奪われていってしまいます。

そこで肌は、もうこれ以上水分が蒸発しないようにと防衛策を取ります。

その防衛策というのが皮脂を分泌するという方法です。

 

ついつい肌表面のことにだけ目が行ってしまいがちなのですが、テカっているその肌の奥では乾燥してカラカラの状態になってしまっています。

オイリー肌と勘違いしてせっせとそれ用のケアをすると、ますます肌内部でひどい乾燥が起き、それを守るために表面は脂っぽくなるという悪循環に陥ってしまいますね。

 

冬に起こりやすい原因として、冬は湿度が低下してしまうということが挙げられます。

湿度が下がり、肌の乾燥が進むことで、身体は自己防衛のためにターンオーバーのサイクルを速めるという策をとります。

 

ターンオーバーが早まるということは、まだしっかりと成長しきれていない角質細胞が、肌表面へと上がってきてしまうということです。

そしてまた、身体は防衛策として、その弱い細胞を守るために、一段と多くの皮脂を分泌するようになるのです。

 

冬にはこのような悪循環が起こり続け、インナードライ肌になりがちです。

このようなインナードライ肌は、肌のバリア機能が下がる一方です。

 

肌が乾燥していることに気付いたら、きっと加湿器を使ってみたり、ファンデーションを保湿力自慢のリキッドタイプに変えてみたりするでしょう。

そのせいでまた乾燥が進む場合があります。

なぜなら、肌表面上の乾燥は一見解決したように見え、肌内部の乾燥状態に気付かずそのままになってしまうことがあるからです。

 

湿度の低下だけではなく、冬は気温も低下し、冷え性が促進されることもあり、血行が悪くなりがちです。

そうすると、大切な栄養素を肌にきちんと届けるということが出来にくかったり、肌細胞が育ちにくいことで肌の保水力が低下してしまったりということも起こり得ます。

 

自覚がないだけにインナードライ肌はどんどん進行していくのですね。

 

あなたはインナードライ肌?

冬のインナードライ肌をチェックしよう!

ここまで読んでもらったら、自分がインナードライ肌かどうか、気になってしまいますよね。

そこで、自分がインナードライ肌かどうか、見分ける方法をお教えしましょう。

 

まずは、洗顔後の肌に注目してみてください。

洗顔後に一切スキンケアをしない状態で、20分程待ってみましょう。

その時の肌をしっかり観察してみてください。

 

もし、

 

肌がツッパっているのに皮脂が浮いてきた!

 

といった状態であれば、インナードライ肌の可能性が非常に高いです。

 

また、日中の肌の状態からも慮ることができます。

肌表面のざらつきを感じたり、ゴワゴワして硬い感じがしたりするのであれば、これもまたインナードライ肌である確率は高いです。

 

もう一つ、朝起きてからしばらく経つのに、まだ顔に枕やシーツの跡が付いたままでなかなか消えないという人も要注意です。

肌の水分量が下がり乾燥しているために、そのような状況になっているのかもしれません。

 

インナードライ肌がもたらす肌悩み

インナードライ肌のせいで、さまざまな悩みが引き起こされることも多いです。

 

まず、大人ニキビができることがあります。

吹き出物はオイリー肌のせいだと思いがちですが、そうではないのですね。

 

また、毛穴が開くことも困った悩みの一つです。

毛穴の黒ずみも同時に悩まされることが多いでしょう。

 

また、シミが増える、肌のごわつき、くすみなどの悩みもインナードライ肌のせいかもしれませんよ。

 

やってはいけないスキンケア

インナードライ肌をオイリー肌だと勘違いしてしまうことで、間違ったケアをしがちです。

あぶらとり紙を多用して皮脂を除去している方はご注意ください。

また、テカっている部分をごしごし洗うことで、さらに乾燥に拍車をかけるということもあります。

これは夏でも同じです。

 

  • 皮脂を除去し過ぎない。
  • 洗顔をし過ぎない。

 

この2点を心がけてくださいね。

また、使用しない方がよいアイテムもあります。

たとえばふき取り化粧水。

他にも酵素洗顔、スクラブ洗顔、収れん化粧水は控えてください。

 

肌が敏感にかたむきやすいということで、アルコールが配合された化粧品も避けた方が無難です。

ただでさえお肌のバリア機能が低下している冬、間違ったスキンケアで一層肌を傷つけ、ターンオーバーの速度を速めることになります。

そうなるともう、皮脂の過剰分泌と皮脂取りケアのいたちごっこになってしまいます。

 

先ほど挙げたような、誤ったスキンケアを行わないようにしましょうね、

冬は特に注意してください。

 

インナードライ肌の対策の実際

ひどい乾燥肌、インナードライ肌、敏感肌はいずれもバリア機能が低下することによって起こります。

 

バリア機能の働きを担っているのは、皮膚の最も外側にある角質層です。

そこでは水分を必要分保持していると同時に、外部から異物が侵入しないようにバリアを張っています。

インナードライ肌は、このバリア機能が下がることで、肌に必要充分な水分量を確保することができず乾燥してしまうことによっておきます。

 

湿度が下がる冬、特にバリア機能は低下しがちです。

きちんとしたスキンケアはもちろんですが、それ以外にもバリア機能を高めることは可能です。

ここからは具体的な対策について考えてみましょう。

 

エイジングケア化粧品によるバリア機能改善

乾燥を食い止めようと、油性のアイテムを投入して、水分の蒸発を防ごうとしてもインナードライ肌は改善しません。

保湿アイテムとしてオススメなのは、

 

セラミド

 

という成分です。

いろいろな化粧品に良く配合されているので、その名前は聞いたことがあるという人は多いと思います。

 

セラミドも油分ではあるのですが、水分を挟み込むことができ、保湿力が非常に高いのです。

その実力はエイジング化粧品でも発揮されています。

 

セラミドの中でも特に、

 

ヒト型セラミド

 

は、人間の肌にもともとあるセラミドと構造がほぼ同じです。

よって、もともとあるセラミドと同じように働いてくれます。

選ぶべきエイジングケアアイテムは

 

「ヒト型セラミドを配合してる」

 

かどうかに注目して選ぶようにしましょうね。

 

ヘパリン類似物質によるスキンケア

ヘパリン類似物質と言ってもピンとこないかもしれませんね。

でも、

 

「ヒルドイドローション」

 

「ヒルドイドソフト軟膏」

 

という名前なら聞いたことはありませんか。

実はこれらはヘパリン類似物質の製品名なのです。

 

皮脂欠乏症や、肥厚性瘢痕、進行性指掌角皮症といった乾燥肌が一段と進行したことで、医師が治療のためにヘパリン類似物質を処方します。

よって、これらのヒルドイドは医師の処方箋がないと買えないと思いがちですよね。

実は、ヘパリン類似物質であれば、薬局で市販していますよ。

 

ヘパリン類似物質は最近話題になりがちですが、実は古くからワセリンや尿素とともに医薬品として扱われてきたものなのです。

保湿作用だけではなく、血行促進作用、抗炎症作用も持ち合わせています。

バリア機能を改善させるのに役立つ成分です。

 

よって、エイジングケア化粧品で改善が見られないのであれば、医薬品を使ってみるのも手です。

薬局で薬剤師さんに相談すれば、ヘパリン類似物質配合の医薬品を購入できますよ。

もちろん、あまりにもひどいと思うようであれば、皮膚科を受診するのも選択肢の一つだと思います。

 

お風呂や温活

冬は寒い分どうしても身体が冷えてしまいますよね。

また、身体を縮めがちのため、血行不良となる一方です。

そうなるとますます乾燥肌はひどくなってしまいます。

 

乾燥肌やインナードライの対策のために、身体を温めてみるというのもよい方法です。

血行が促進され、乾燥肌の進行を食い止めます。

 

ただ、つい長風呂に浸かってしまったり、温度設定を高くしてしまうと、逆にインナードライを悪化させることがあります。

温泉でも起こり得ますので、気を付けるようにしましょう。

 

食べ物による乾燥肌対策とインナードライ肌対策

身体の冷えには、身体を温めてくれる食事を摂るのが一番早いです。

その際に摂取すべき食物についてご紹介していきます。

 

一番効果があるのは、野菜を食べること。

特に赤、黒、橙色、黄色の根菜類です。

具体的には、

 

  • ゴボウ
  • 生姜
  • ニンニク
  • 人参
  • レンコン
  • 山芋
  • 胡麻

 

といった食材がよいでしょう。

次に、食べない方がよい野菜があることも述べておきましょう。

青、白、緑などの葉野菜、果実です。

身体を冷やす作用があり、冬にはお勧めできません。

 

具体的には、

 

  • ほうれん草
  • レタス
  • さやいんげん
  • きゅうり
  • なす
  • トマト
  • スイカ
  • バナナ

 

等が身体を冷やしてしまいます。

冬場には食べ過ぎない方が無難ですね。

 

野菜以外で気を付ける点は白砂糖です。

白砂糖も摂りすぎると身体を冷やします。

 

まとめ

一見すると乾燥とは無縁どころか、皮脂テカ肌に見えてしまう

 

「インナードライ肌」、

 

なかなか手ごわいですね。

冬の寒さによって引き起こされる乾燥、及び血流の悪さがインナードライを引き起こしてしまうのですね。

 

自覚がなくてもしっかりチェックを行い、肌のバリア機能を高めていきましょう。

セラミドを入り化粧品を使ったり、乾燥に効く野菜を食べることで強化することができます。

冬に負けない丈夫な肌を作っていきましょうね!

-エイジングケア, 乾燥肌

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.