アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

エイジングケア

エイジングケアいつから?早すぎ・手遅れ!?基礎化粧品を替える時期はいつ?

更新日:

基礎化粧品や美容アイテムなど、幅広く注目されているエイジングケア。

このエイジングケア、早く取り組めばより効果的なのでしょうか?

 

そこで今回は、エイジングケアはいつからするのが効果的?という疑問について解説していきたいと思います。

 

エイジングケアに関する知識とお悩みをアンケート調査

今回は以下の各世代の女性を対象に、エイジングケアに関するアンケート調査を実施しました。

 

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代以上

 

すると意外なことに、20代の方々からもエイジングケアの必要性を既に感じているとの声が聞かれました。

また、今回アンケートにご回答いただいたうち90%以上の方々から以下のような意見も挙がりました。

 

  • 何をどうすれば効果的なのか分からない
  • なんとなく続けている
  • どのようなエイジングケア商品が良いのか分からない

 

皆さんエイジングケアを意識はしているものの、実際には知識不足が否めないといったところですね。

 

エイジングケアという言葉が一般的に使われるようになると同時に、その方法よりも

 

  • 年齢肌対策
  • ハリツヤ改善
  • うるおいアップ

 

これらの魅力的なキーワードが目を惹いてしまい、なんとなくでケアを行っている方が非常に多くいらっしゃるようです。

 

年齢肌のお悩みの代表的なものとしては、シワ・シミやツヤ・ハリの低下が挙げられます。

また、たるみや毛穴が気になるという場合もあります。

これらはエイジングサインと呼ばれ、個人差はありますが一般的に30代前後から現れる症状です。

こうした症状の予防・対策としてエイジングケア化粧品を使用されている方が多くいらっしゃる中、残念なことに半数以上の方は知識が不十分なままお使いになられているのが現状です。

 

いつから?エイジングケアは何歳から始めるべき?

早すぎる?エイジングケアを始めるタイミングとは?

シミやシワなどのエイジングサインを実感したことにより、エイジングケアを始めようと意識される方が多くいらっしゃいます。

しかし、このようなエイジングサインが現れる以前から前兆は既に始まっているのです。

 

エイジングサインを引き起こすだけでなく、年齢肌の症状を加速させる要因として以下のようなことが考えられます。

 

生活習慣
  • 喫煙
  • 睡眠が不足しがち
  • あまり運動しない
  • ストレスが溜まりがち
  • 暴飲暴食する傾向がある

 

誤ったスキンケア
  • 洗いすぎ・流しすぎなど洗顔やクレンジングによる肌への負荷
  • 擦りすぎることによる皮膚への刺激
  • 不十分な紫外線対策による肌へのダメージ

 

これらは肌本来のバリア機能を低下させるだけでなく、肌のターンオーバーを乱す原因となります。

また、肌の乾燥や細胞の酸化・糖化にもつながるため注意が必要です。

 

乱れた生活習慣や誤ったスキンケアは、肌の老化を加速させるだけでなくエイジングサインをより目立たせてしまいます。

 

上記で挙げた例のうち洗顔・クレンジング・紫外線対策については、エイジングケアをするにあたって用途に合ったスキンケア製品が必要となります。

とはいっても、年代を問わず必ずしも高価なエイジングケア化粧品が必要というわけではありません。

 

10代・20代の方々を例に見てみましょう。

この世代の方々にとって肌を清潔に保つこと・紫外線対策をすることは、エイジングケアを意識している・していないに関わらずスキンケアの一環となってます。

 

エイジングケアのポイントとしては、年齢を問わず正しい生活習慣・スキンケアを継続することが重要です。

肌に悪影響を及ぼしかねない生活習慣は改善し、正しいスキンケアを行うよう意識することが大切というわけですね。

 

気になるエイジングケアを始めるタイミングに関ついては、その必要性を感じた時が始め時といえます。

つまり、エイジングケアには決して早すぎるということはありません。

 

遅すぎ?エイジングケアを始めるのに手遅れという場合はある?

前項で改善したように、エイジングケアに早すぎるということはないことは既にお分かりいただけたかと思います。

しかしその反面、始めるのが遅すぎて手遅れになる場合があるのでは?と気にされている方もいらっしゃるようです。

 

実際そのようなことはありませんので、ご安心ください。

 

とはいえ、長年に渡ってスキンケア・エイジングケアを怠った場合は肌の老化を著しく進行させます。

このような状態ともなると、生活習慣改善やスキンケア・エイジングケア化粧品だけでは物足りないことが予想されます。

場合によっては、美容医療などでカバーすることが必要な場合も考えられます。

 

いずれにしても肌の老化スピードを遅らせ、気になるエイジングサインを目立たなくすることは可能です。

もう手遅れだと諦めず、意識し始めたタイミングでエイジングケアに取り組むことが大切です。

エイジングケアの効果があらわれてくると、肌が健やかに整うだけでなく気持ちが前向きになることでしょう。

 

このように、エイジングケアは必要性を感じた時点で取り組むことが望ましいといえます。

エイジングサインを予防する意味も含めると、エイジングケアを始めるタイミングに早すぎるということはありません。

 

スキンケア以外にも!最もエイジングケアで大切なこととは?

エイジングケア向けのスキンケア化粧品を使用する・正しいスキンケアを行うほか、エイジングケアに最も重要なこととは何でしょうか?

 

それは乱れた生活習慣の改善であり、特に食生活はエイジングケアとの関係が非常に深いとされています。

 

食事で摂取した食べ物に含まれる栄養は、私たちの身体を構成する重要な役割を担っています。

そのため、エイジングケアとの関わりが深いというのも納得ですね。

では、具体的にどのような成分が関係しているのでしょうか?

 

これには、たんぱく質が深く関係しています。

その理由として、表皮と呼ばれる肌の表面や肌内部の真皮などエイジングサインへの影響が大きいところの多くはたんぱく質によって構成されていることが挙げられます。

 

まず、表皮について解説していきましょう。

表皮の角質層には天然保湿因子が存在します。

この天然保湿因子は、その半分近くをアミノ酸が占めています。

アミノ酸はたんぱく質のもととなるため、関係が深いというわけです。

 

次に、真皮についてみていきましょう。

真皮は、コラーゲンやエラスチンなどによって構成されています。

たんぱく質は、これらにも多く含まれている成分です。

 

このほか糖とたんぱく質によって作り出されるプロテオグリカンや、私たちの身体に欠かせない酵素もたんぱく質とは関係が深いといえます。

 

 

ちなみに、たんぱく質以外ではどのような成分がエイジングケアに関係してくるのでしょうか?

 

若々しさの維持には、油分も必要です。

実際に皮脂の30%は油分といわれていますから、ある程度の脂肪の摂取も必要と考えられます。

 

身体をサビつかせる原因ともいえる厄介な活性酸素。

この活性酸素の働きを抑制するため、ビタミン類の摂取も肝心です。

 

このように、肌にとって必要な成分をしっかり摂ることこそエイジングケアにとって重要なことといえます。

 

いつから?エイジングケア化粧品を使い始めるタイミングとは?

エイジングサインをチェックすることが肝心

先述したように、エイジングケアを始めるタイミングとして早すぎるということはありません。

したがって、エイジングケア向け化粧品を使い始めるタイミングや年齢に決まりはないといえます。

 

肌の老化スピードや症状には個人差があり、気になる・気にならないも人それぞれです。

エイジングケア向け化粧品を使い始めるタイミングは、肌のエイジングサインを意識し始めたタイミングとイコールと考えて差し支えありません。

仮にエイジングケアを謳っていない化粧品であっても、スキンケアの仕方によってはエイジングケアが可能になります。

 

では、具体的にどのようなエイジングサインを意識したら良いのでしょうか?

以下に具体的な例を挙げてみました。

 

  • 目元のシワが気になる
  • 口元のたるみ・ほうれい線が気になる
  • 毛穴の開きが目立つ
  • 顔が膨張して大きくなったような気がする
  • 日によってファンデーションが浮いてしまう
  • それまで使用していた化粧品が肌に合わなくなってきた
  • 年を追うごとに肌表面のテカリが気になりだしてきた

 

このような症状は、すべて肌が老化したことによるものの表れといえます。

これらのエイジングサインが気になり始めたら、すぐにエイジングケアを始めることをおすすめします。

 

よく聞く25歳はお肌の曲がり角説って本当なの?

前項では、見てわかるエイジングサインの具体例を挙げてきました。

それらの症状が表れる以前に、実は肌のハリ・ツヤや透明感などを保つ働きを持つ成分は徐々に減少し始めてしまいます。

つまりこれは、肌の老化の始まりともいえます。

 

しかし、多少成分が減ってきた程度では目に見える変化を感じにくいかもしれません。

 

そのように実感しにくい段階の肌の老化を捉えやすくするひとつの指標として、エイジングインデックスというものがあります。

このエイジングインデックスとは、次の8項目を年齢別に指標化しものです。

 

  • 肌のターンオーバーサイクル
  • 肌の水分量
  • 肌の皮脂量

 

【以下の成分量】

  • エストロゲン
  • セラミド
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸

 

これらすべての項目において、20歳の時点がピークとして考えられています。

 

では実際に、20歳を過ぎた肌ではどのような変化が起こっていくのでしょうか?

まず、一般的に25歳を迎えたあたりから以下の成分が徐々に減少するといわれています。

 

  • セラミド
  • コラーゲン
  • エラスチン

 

その後30歳を過ぎるとコラーゲン・エラスチンの減少が著しくなると同時に、肌の水分量・皮脂量も減っていきます。

25歳はお肌の曲がり角などと表現されますが、あながち間違いではありません。

 

25歳くらいの時点でエイジングサインが気になるということは少ないかと思います。

しかし、肌内部の変化は確実に進んでいます。

そのため、25歳をひとつの目安としてエイジングケアを意識すると良いでしょう。

とはいえ、必ずしも25歳からエイジングケア化粧品を使わなければならないということではありません。

このくらいのタイミングで保湿や紫外線対策のほか洗顔を適切に行うというエイジングケアの基本をおさえることで、のちのエイジングサインに効果的といえます。

 

結論!エイジングケア化粧品はいつから使うのがおすすめ?

では、結局のところエイジングケア化粧品はどのタイミングで使い始めたら良いのでしょうか?

 

ひとつの目安としては、30歳前後と考えられます。

とはいえ、20代からエイジングケア化粧品を使用しても問題ありません。

また、40代になったらといって必ずしも使わなければならないというものでもありません。

ただし、外で過ごすことの多い方や紫外線対策が不十分と感じている方の場合には、20代からエイジングケア化粧品を使用すると良いでしょう。

 

正しい洗顔・紫外線対策・保湿が行われ肌が健やかな状態を維持することができている場合には、今使っている化粧品で十分だと感じている方もいらっしゃるかと思います。

そのような場合にも、エイジングケア化粧品を使用するメリットはあります。

 

まず、エイジングサインの予防に効果が期待できる点が挙げられます。

より早い段階からエイジングケアを意識することで、エイジングサインが表面化するのを防ぐことができます。

 

次に、エイジングケア化粧品に多く配合されている高機能成分の働きが挙げられます。

機能性の高い成分には、さまざまな肌のお悩みを予防・改善する効果が期待できます。

 

エイジングケア化粧品を選ぶ際には、以下の効果に注目して購入することをおすすめします。

 

  • ターンオーバーの正常化
  • 肌表面のバリア機能の修復
  • 抗酸化作用
  • コラーゲンやエラスチンなどの弾力成分のサポート機能
  • 低刺激性

 

エイジングケア化粧品も基礎化粧品と同様に、ご自身の肌質やお悩みに合ったものを使用することが大切です。

 

まとめ

今回は、エイジングケアはいつからするのが効果的?という疑問について解説してきました。

 

エイジングケアに取り組むことに早すぎる・遅すぎるということはありません。

エイジングケア化粧品を使い始める時期に関しても、ご自身がエイジングケアを意識し始めたタイミングで良いと考えられます。

 

ただし、エイジングサインを予防するという意味では早い時期からの使用が効果的です。

正しいスキンケア・適当なエイジングケアを行い、いつまでも若々しい肌をキープしたいところですね。

-エイジングケア

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.