アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

エイジングケア 乾燥肌

乾燥肌は化粧水をたっぷり使っても無駄!?悪化させない正しい保湿方法を理解しよう

更新日:

乾燥肌で悩みを抱えている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

特に冬の時期は乾燥しやすく、悩みが尽きないですよね。

 

そんな乾燥肌を改善しようと化粧水をたっぷり使ってお手入れをしている方はいませんか?

バシャバシャとたっぷり顔に塗って、満足している方も多いのではないでしょうか?

もしそのようなお手入れをしている方がいましたら、すぐに止めてください。

 

そのようなスキンケアやエイジングケアをしても乾燥肌を改善することができません。

むしろ、美肌から遠ざかってしまうので症状が悪化してしまう危険性もありますよ。

乾燥肌を進行させてしまうとシワたるみなどの肌トラブルも招いてしまいます。

 

高い化粧品を使って少量使用するより、安い化粧品を使ってたっぷり保湿した方が効率が良いと思っている方もいることでしょう。

そのようなケアの仕方だと、お金ももったいないですし、むしろ乾燥肌の原因にもなるんですよ!

 

今回はなぜ化粧水をたっぷり使うことが問題なのか、正しい保湿ケアと意味なども合わせてご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「化粧水をたっぷり塗ったらなんで乾燥肌になってしまうの?」

 

「化粧水で保湿ができるんじゃないの?」

 

「正しいエイジングケアをしたいけど化粧水をどのように使えば効果があるの?」

 

など、様々な悩みを抱えている方はチェック必須です!

問題点や意味をしっかり理解して、美肌を手に入れましょう!

 

化粧水をバシャバシャ使ってはいけないのはなぜ?

水分の与えすぎは乾燥肌を助長する

化粧水は80%以上が水分でできています。

つまり、ほとんどが水分ということです。

このことを踏まえて以下で説明していきましょう。

 

グリセリンやBGなどの基本成分やコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分、乳化剤など様々な成分が含まれているのが化粧水です。

これに加えてパラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤も入っています。

お肌の保湿や柔らかさを出すために適量使用するのは良いのですが、大量に塗り込むのはあまり良くありません。

 

大量に使用してしまうと、体の体温とともに蒸発してしまいます。

先ほどもお伝えしましたが、化粧水はほとんど水分で作られているので、お肌に入れた水分もほとんど蒸発してしまうのです。

 

それだけではなくお肌に必要な水分や天然保湿因なども一緒に蒸発してしまうので、逆に乾燥肌を招いてしまう原因になるんです。

必要な水分まで失われてしまうので、乾燥肌になるだけではなくシワやたるみの危険性も出てきます。

 

皆さんは短時間に何度も化粧水を使用していませんか?

短時間に化粧水を使えば使うほど、乾燥肌が進行していってしまいます。

乾燥肌が進行すれば紫外線などの外部からの影響が受けやすく、バリア機能が著しく低下してしまいます

 

特に、インナードライ肌や敏感肌の方はこの影響を受けやすいので、注意しなければなりません。

 

化粧水を使えば使うほどお肌がモチモチになると思っている方も多いですが、化粧水だけをたっぷり使うのは逆にお肌には負担をかけてしまうのです。

化粧品が入っている箱の裏面に適量が記載されているので、使用量はしっかり守るようにしましょう。

 

保湿成分が無駄になる

上記のように説明していきましたが、

 

保湿成分が化粧水に含まれているんだから、多く使えば使うほど乾燥肌が予防できるんじゃないの?」

 

と、疑問を抱えている方も多いことでしょう。

 

化粧水には保湿成分としてコラーゲンやヒアルロン酸などが含まれています。

これらは水になじみやすい性質を持っているので、角質層や肌表面で水分を維持してくれます。

これらの成分のおかげで保湿効果を感じることができるのです。

 

お肌には紫外線などの外部からの刺激から守るためにバリア機能がついています。

その機能が付いているために、必要以上に保湿成分を吸収する事は無いのです。

ですので、たとえ化粧水をたっぷりお肌に与えてあげても、吸収する量は限られているので意味がありません。

 

乾燥肌の症状を悪化させないという効果があったとしても、必要以上に化粧水を使うのはお金だけでなく時間の無駄にもなります。

安い化粧水でも高い化粧水でも効果に差はあるかもしれませんが、使用量についてはどちらも同じことが言えるのでこの点は押さえておきましょう。

 

何度もコットンでつければ肌ダメージが

皆さんは化粧水をお肌に塗布するときに、コットンを使用していませんか?

コットンを使って何度も化粧水を当ててしまうと、その摩擦のせいでお肌に負担がかかってしまいます。

肌にダメージを与える一方なので、別の肌トラブルを招く原因にもなるんですよ!

 

たとえ柔らかい素材を使っているとしても、お肌はとてもデリケートなものなのでバリア機能にダメージを受けてしまいます。

バリア機能が低下してしまうと乾燥肌を招くだけでなく、メラニンが外部に放出されずシミの原因にもなってしまうので注意しておきましょう。

 

以前は化粧水などを手で塗ってしまうと、ばい菌や細菌などがお肌に入ってしまうと言われていましたが、しっかり手を洗えば大丈夫です。

むしろ、手の温度で化粧水をお肌の奥底に浸透させることができるのでオススメなんです!

化粧水を塗る際は手のひら全体を使って、押し当てるようにお手入れしていきましょう。

この時、あまりにも押す圧が強すぎてしまうとお肌に負担がかかってしまうので注意が必要です。

 

保湿をしっかり理解して正しく使おう

保湿の意味をしっかり理解することで、美しいお肌を手に入れることができます。

化粧水をバシャバシャと無駄に使うよりも、スキンケアアイテムの順番を変えたり、使い分けたりする方がお肌には効果的なのです。

 

皆さんはスキンケアをするときにどのアイテムを使用していますか?

スキンケア用品にも様々なものがありますよね。

化粧水以外だったら美容液や乳液、保湿クリームなどが基礎化粧品として挙げられています。

他にも美容効果が高いものとしてフェイスマスクやオールインワン化粧品、美容オイルなども多くあります。

 

では、なぜこんなにもスキンケア化粧品やエイジングケア化粧品には種類があるのでしょうか?

それは保湿の 3大要素に関わっています。

まず最初に保湿の3大要素とは何なのかを挙げてみましょう。

 

  • 皮脂膜
  • 天然保湿因子
  • セラミドなどの角質細胞間脂質

 

これらの3点が保湿の3大要素と言われています。

この3つが存在しているからこそお肌のバリア機能を保ってくれ、保湿に対しても効果を発揮してくれるのです。

 

また、肌表面には皮膚常在菌が常に存在しています。

菌と聞くとお肌に悪影響を与えるものなのではないかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、これもお肌を守ってくれる重要なものなんですよ。

感覚で言うとビフィズス菌や乳酸菌と同じようなものですかね。

 

化粧品の多くは保湿の3大要素の成分と同じものか、よく似た成分で作られています。

この3つの働きが正常に行われることで、お肌が保湿されるのです。

表皮常在菌はお肌を弱酸性に保つ役割を担っているので、上記で挙げた3つプラスこの菌がしっかり働いてくれることで健康な美肌を手に入れることができるのです。

 

化粧水はお肌に水分を与えてあげたり、水溶性成分で保水したりはできますが、水分の蒸発を防ぐ役割は担っていません。

油分もあまり含まれていないので、お肌の中に水分を保持することもできません。

 

ですので、化粧水を使用するだけでは乾燥肌を予防することができないのです。

スキンケア用品によってそれぞれの役割があるので、順番に沿って使わなければいけないのです。

保湿はスキンケア用品の得意分野を組み合わせて、うまくお肌の水分を保持しなければなりません。

 

化粧水だけをたっぷり使っても美肌には効果がないことを説明していきましたが、ご理解いただけましたでしょうか?

 

化粧水ではエイジングケアに良い成分を

化粧水を使用するだけでは保湿をすることができないということをお伝えしていきました。

化粧水は大量に使う必要はなく、適度な量を使用すればよいのです。

 

では、次にエイジングケアにオススメの成分をご紹介していきます。

歳を重ねるごとに肌老化が進んでいくので、多くの方が肌トラブルで悩まれているのではないでしょうか?

 

肌トラブルを改善するには、酸化を防いでくれるものや、コラーゲンやエラスチンなどの生成を助けてくれる成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

これだけ説明してもよくわからないという方もいらっしゃると思うので、今回は水溶性の成分をいくつかご紹介していきます。

 

ナールスゲン

これは京都大学と大阪市立大学の共同研究で生まれた成分で、俗に言うアミノ酸誘導体のことです。

お肌の水分を維持してくれたり、コラーゲンやエラスチンを増やしてくれる働きがあります。

それだけではなくヒートショックプロテイン47 やグルタチオンも増やしてくれるので、美肌を手に入れたい方にはおすすめです。

 

水分がお肌の中に保持されるので、もっちり肌を手に入れることができますよ!

 

水溶性プロテオグリカン

この成分は保湿効果が高く、お肌の中に水分をしっかり保持してくれます。

これだけではなくI型コラーゲンを増殖してくれるので、お肌にハリを持たせることができます。

 

また、ヒアルロン酸も増やしてくれるので、シワで悩みを抱えている人にもオススメですよ!

 

水溶性ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体にはお肌にとって多くの効果を得ることができます。

抗酸化作用、美白作用、コラーゲン構成作用など様々なメリットがあるので、エイジングケアにはとてもオススメです。

シワやシミ、たるみにも効果を発揮してくれるので、全ての肌トラブルに対応してくれます。

 

若い世代の方でも毛穴やニキビ肌で悩んでいる方は、このビタミンC誘導体が含まれている化粧品を使うと良いですよ。

ニキビを改善するために食事でビタミンを多く摂取すると良いと言われていますが、なかなかそんな量摂取するのは難しいです。

 

そこで、このような成分が入っている化粧水を使用すれば良いのです。

化粧水として使いやすいのは、水溶性ビタミンC誘導体と両親媒性ビタミンC誘導体です。

それぞれに違う成分が配合されているので、自分の悩みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

水溶性ビタミンC誘導体にはアスコルビン酸NaやVCエチルが含まれています。

化粧品が入っている箱の裏面にしっかり成分が記載されているので、それを確認してから購入するようにしましょう。

 

ネオダーミル

この成分には様々なものが混合されています。

グリセリン、水、メチルグリコシド6リン酸、どう、リシン、プロリン

などが配合されています。

聞き覚えのない成分ばかりだと思いますが、これらは全てお肌にとって良い効果を発揮してくれるので安心してください。

 

1型コラーゲンが皮膚に最も多いと言われているのですが、この成分はこのコラーゲンを増やす働きがあります。

また、その次に多いⅢ型コラーゲンやエラスチンを増殖してくれる働きもあるので、ハリや弾力のあるお肌を手に入れるのに効果的です。

 

ある臨床試験が行われたのですが、深く刻まれたシワを1週間で-15%浅くすることができ、その体積も-13%減らすことができたと発表されています。

この研究結果を聞くだけでも驚きですよね!

それほど効果のある成分なので、これが含まれている化粧品を選ぶことをおすすめします。

特に、シワやたるみなどで悩みを抱えている方におすすめします。

 

コラーゲンやエラスチンが増えることで、お肌の新陳代謝が上がりターンオーバーのサイクルを正常に戻すことができます。

そうするとシミの改善効果も得ることができるんですよ!

老化が原因でできる肌トラブルを解消することができるので、うまく効果を得ることができたのであれば、いつまでも若々しいお肌を手に入れることができるでしょう。

 

まとめ

今回は化粧水をたっぷり使っても無駄なことや保湿の意味などを紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

間違った保湿方法をしていたとショックを受けた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今更スキンケア方法を正しく戻しても意味がないと思っている方もいると思いますが、そんな事はありません!

これらの成分をうまく利用することで、いつまでも若々しい美肌を手に入れることができるかもしれませんよ!

 

今回の記事が皆さんのお悩み解消のお役に立っていれば幸いです。

-エイジングケア, 乾燥肌

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.