アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

Uncategorized エイジングケア 乾燥肌

冬の乾燥ダメージ出現!?花粉が気になる春の乾燥肌対策とは?適切なエイジングケアを

更新日:

寒い冬が終わり、少しずつ温かくなる季節、春!

乾燥肌が気になる人にとっては、待ちに待った季節ですよね。

でも実は、乾燥に注意しなければいけないのは、冬だけではないんです。

花粉など、肌に刺激になるものはいつでもあちこちにあるので、一年中、保湿は必要です。

 

そこで今回は、春の保湿法や乾燥肌対策、基本のスキンケアやアンチエイジングなど、幅広い化粧品の使い方について、役立つコツをご紹介します。

・春の肌の乾燥対策を知りたい!

・春になっても乾燥する40代、正しい保湿法を知りたい!

人それぞれ、いろんな肌悩みがあると思います。

これを読んで解決してくださいね。

 

春でも乾燥するのはなぜ?

春は温かく過ごしやすい時期ですが、季節の変わり目で気候が不安定だったり、生活がガラリと変わったりして、肌が敏感になりやすい時期でもあります。

乾燥や肌荒れに悩む人も少なくありません。

原因としては、主に次のようなことが考えられます。

 

春に増える花粉や黄砂の影響

春といえば花粉、特にスギやヒノキ、ブナなどが有名ですよね。

花粉のほかに、春は黄砂やPM2.5の影響が大きくなる時期でもあります。

これら、花粉や黄砂、PM2.5などはアレルギーを引き起こすアレルゲンでもありますが、肌にとっては乾燥を引き起こす刺激でもあります。

さらに、春一番など強い風で、肌に汚れが着きやすく、それが刺激になって肌荒れが起こることもあります。

 

生活環境の変化によるストレス

春の年度初めは、新生活が始まる人も多い時期

進学や就職、転職、異動や転居などで環境が大きく変わり、知らず知らずにストレスが蓄積しやすくなります。

度を越えたストレスは、自律神経やホルモンのバランスを乱し、一時的に肌が乾燥したり、敏感になったり、いわゆる“ゆらぎ肌”になることもあります。

 

徐々に強くなる紫外線

春の紫外線は意外に強く、さらに夏へ向けて紫外線量はどんどん上昇してきます。

気づかずに浴びた紫外線は肌にダメージを与え、肌のバリア機能を弱めてしまいます。

その結果、皮脂や水分の分泌が減って、肌が乾燥することもあります。

春でも油断は禁物、紫外線対策と肌ケアは忘れずにしましょう!

 

気温差によるダメージ

一般的には、冬から春になると気温も湿度も上昇しそうなイメージがありますね。

でも具体的に数字を見ると、3月の東京の相対湿度は60%前後。

地域によってはもっと低いところもあり、春だからといってすぐ湿度が上がるわけではありません。

 

さらに1日の気温の変化はというと、日中は温かくても、夜の冷え込みはまだまだ続き、昼夜の寒暖差が激しいのが実情です。

日による差も激しく、3月や4月初旬などは、温かい日があったと思えば雪が降るほど冷え込んだりします。

ただでさえ湿度が低い上に気温差が激しいと、肌の調節機能が追いつかず、油分と水分のバランスが乱れて肌が乾燥してしまうことになります。

 

冬の乾燥の影響が春まで続く

冬の間、気になっていた乾燥が、春になってすぐ収まるわけではありません。

春になって、冬のダメージの影響で肌の調子が崩れることもあります。

乾燥は肌のバリア機能を弱めますから、冬のダメージが蓄積していると、春の気候の急激な変化が引き金になって、急に悪化することもあります。

 

とくに注意したいのは40代からの年齢肌

皮膚の大切な働きであるセンサー機能も低下していることが多く、環境変化に敏感に反応してしまいます。

 

春のスキンケアのコツ!乾燥肌の予防と対策

春たからこそ!保湿重視のスキンケア

温かくなったからと油断せずに、春でもしっかり保湿することが、スキンケアの基本です。

特に気をつけたいのは、まだまだ寒い日も続く3月から4月の初め。

丁寧に念入りに保湿をして、冬のダメージをリセットしてあげましょう。

自分のお肌の状態をしっかり見極めて、化粧水から美容液、乳液、クリームまでトータルに使って適切な保湿ケアしましょう。

30歳以上の年齢を重ねた肌には、肌トラブルに応じたエイジングケアも意識した方がいいでしょう。

若い頃とは違う、丁寧なケアが必要になりますから、エイジングケア成分を配合した化粧品がオススメですよ。

 

アイテムにもよりますが、必ずしも化粧水からクリームまでフルラインで使う必要はありません。

しっかり保湿ができていれば、使わなくてもいいアイテムもあります。

でも、目元や口元は特に乾燥しやすい部分ですから、乳液やクリームを重点的に塗るなど、油分を補って水分の蒸発を防いであげることも必要です。

 

春こそ、紫外線対策を強化!

お肌の大敵と言われ悪名高い紫外線

その理由は、肌を乾燥させ、さらに肌の酸化も招いて老化(光老化)を加速させることにあります。

紫外線によって、肌のたるみ、シワ、ほうれい線、毛穴の開きなどさまざまな悩みをもたらすので注意が必要です。

 

これは紫外線A波の仕業で、そのダメージは真皮まで到達し、コラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞を劣化させてしまいます。

 

さらに、肌を紫外線から守るためにメラニン色素が増え、シミの原因にもなります。

春でも紫外線対策は必須です!

外に出るときは、日焼け止め、長袖の衣類や帽子、サングラスなどを忘れないようにしましょう。

 

春はクレンジングや洗顔による刺激にも注意

スキンケアの基本として、クレンジングや洗顔は大切ですよね。

顔を清潔にすることは、付着したアレルゲンを取ることにもなり、メイク汚れを落とすことと同じくらい重要です。

 

でも、ここで重要なのは、正しい方法をマスターすること。

クレンジングは、とにかくやさしく、刺激にならないようにしましょう。

お肌には、ただでさえ汚れでストレスがかかっていますから、そこでゴシゴシこすってしまうと、さらに肌を傷つけてしまうかも。

 

特に年齢肌の方はデリケートなので、クレンジングはダブル洗顔不要などマイルドなものをチョイスしてくださいね。

 

春の乾燥肌の対策、日常生活の注意点はコレ!

疲れやストレスに注意

意外なようですが、乾燥肌対策として大切なのが、疲れやストレスのケア

疲れを癒し、適度にストレスを発散するように工夫しましょう。

 

“春眠暁を覚えず”というように、春はなぜか無性に眠くなる人が増えます。

それは、季節の変わり目の寒暖差による自律神経の乱れやメラトニンの分泌量の変化が関係しているとか。

自律神経を自分の意志でコントロールすることはできませんから、眠いなと感じたときは無理せずに仮眠をとるのもオススメです。

10分くらい休めば、かなりスッキリしますよ。

 

もちろん、その日の疲れを翌日に持ち越さないよう、夜には良質な睡眠をしっかりとってくださいね。

気分転換に、適度に身体を動かすこともオススメですよ。

 

春の乾燥対策に、旬の季節食材を

ビタミンA、B、C、Eなどのビタミン類、亜鉛や鉄などのミネラル、セラミドやα-リノレン酸などは、肌にうるおいを与え、乾燥を防ぐのに重要な栄養素です。

ぜひ積極的に摂って、美肌を目指したいですよね。

実は、春の季節食材には、これらの美肌成分がたっぷり!

普段の食事でバランスを意識することも大切ですが、旬の食材をうまく取り入れて有効な成分を効率よく摂りましょう。

 

 

花粉に注意

春といえば、花粉症

花粉症の症状は鼻や目たけではなく、花粉症が原因で膚炎になってしまうこともあります。

だから、春は特に花粉症対策に力を入れましょう。

 

花粉といえば、最も有名なのはスギですね。

九州・四国では、2月の上旬からスギの花粉が飛散し始めるといいますから、対策は早めに!

外出する時は、マスクやメガネをつけて、顔への花粉の付着を防ぎましょう

マスクは、不織布素材で、口や鼻のまわりにピタッとフィットするものがオススメですよ。

さらに髪や眉毛、まつ毛などに花粉が付くこともありますから、帰宅後すぐに入浴や洗顔して洗い流すようにしましょう。

 

まとめ

今回は、春の乾燥肌対策についてご説明しました。

乾燥しやすい冬がやっと終わった!と思って油断せずに、春でもしっかり保湿して、乾燥肌対策は重点的に行ってくださいね。

化粧水や乳液などの保湿アイテムだけでなく、クレンジングや洗顔アイテムも見直し、正しいスキンケア法を確認しましょう。

紫外線や花粉のケアも併せて行って、一年中潤った美肌をキープしてください!

-Uncategorized, エイジングケア, 乾燥肌

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.