アイムピンチが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

エイジングケア 乾燥肌

目元・口元の乾燥小じわの原因は?日常生活で改善できる?正しいスキンケアを徹底調査

更新日:

乾燥による小じわで悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

女性なら誰しもがいちどは小じわを気にした人がいる事でしょう。

お肌の乾燥が原因で小じわが増えるなんて嫌ですよね。

 

しかし、乾燥が原因で小じわができるので、保湿対策をしっかりすれば予防することができるんですよ!

 

また、エイジングに効果のある化粧品を使用することでも乾燥肌対策をすることができ、小じわを解消することができるのです。

 

今回は乾燥が原因でできる小じわの予防や改善策をご紹介していきますので、参考にしてみてください!

 

乾燥による小じわとは?

乾燥による小じわの症状

乾燥が原因でできる小じわは目元や口元に小さく刻まれたシワのことを指します。

別名、ちりめんじわや乾燥じわとも言われています。

シワと聞くとどうしても老化のサインだと思われがちなのですが、実はたとえ年齢が若くても小じわが目立ってしまう場合があるので、注意しなければなりません。

小じわは基本的に皮膚の薄い部分にできやすく、特に目元や口元などに集まりやすいです。

 

また、乾燥が原因で小じわができてしまうとお肌のキメも荒くなり、透明感が失われてしまいます。

それだけではなくお肌のハリやツヤも失われてしまう可能性があるので、乾燥は防がなければいけません。

 

乾燥による小じわは角質層のトラブル

お肌は上から順に表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれています。

その中でも小じわは表皮にできるシワになります。

 

さらに、表皮は4層で構造されていて、最も外側に位置しているのが角質層です。

角質層は0.02ミリという非常に薄い膜で、外部の刺激からお肌を守るために皮膚を支えています。

お肌のバリア機能を担っている重要な膜です。

 

このバリア機能が正しく働くことで、お肌の潤いが維持され、小じわが目立たないのです。

 

しかし、このバリア機能が下がってしまうと乾燥肌を招いてしまい、小じわが目立ってしまうのです。

幸いなことにこの小じわはしっかりお手入れをすれば消すことができます。

正しいスキンケア方法やエイジングケアをすることで次第に小じわを薄くすることができるのです。

 

しかし、この部分だけなら良いかと油断してお手入れを怠ってしまうと、その小じわが肌の奥底にまで進行してしまう可能性があります。

そこまでいくとシワを消すことができなくなるので、その前に解消しなければいけません。

 

ですので、目元や口元に乾燥じわができたら、すぐにそのシワを改善するようにお手入れを行いましょう。

 

乾燥による小じわの原因

小じわはお肌が乾燥肌になってしまうことでできてしまいます。

乾燥肌になってしまうと、表皮の角質層に多く含まれているアミノ酸や要素などからできている天然保湿因子やセラミドを50%ほど含んでいる角質細胞間脂質が減ってしまいます。

 

それのせいでお肌の水分が失われてしまい、角質の水分量も減ってしまうのです。

水分がなくなってしまうことで潤いがなくなり、お肌のキメも荒くなり小じわが目立ってしまうのです。

 

このようなことにならないように、保湿ケアをしっかりして乾燥を防がなければなりません。

 

乾燥肌を招いてしまう原因はいろいろあります。

次にそれぞれの原因についてまとめましたので、自分の乾燥肌がどれに当てはまるのか確認してみて下さい!

 

間違ったスキンケア

皆さんは正しいスキンケア方法をしていますか?

クレンジングや洗顔を何回もしたり、強く肌をこするように洗ったり、長時間お肌に負担をかけてしまったりなどしていませんか?

 

このような行動をしてしまうとお肌に必要な皮脂や角質まで取り除いてしまうので、逆にお肌に負担をかけてしまうのです。

お肌のバリア機能も低下してしまい、乾燥を招きやすくなってしまうのです。

 

また、間違った化粧品の使い方をしてしまうことも乾燥肌を招いてしまう原因になるので、正しいお手入れをしなければなりません。

お肌を乾燥させないためにも、日頃のお手入れを正しい方法で行うようにしましょう。

 

加齢

やはり、乾燥肌の原因としては加齢も挙げられます。

セラミドはお肌の潤いを保っているのですが、残念なことに歳を重ねるにつれ減っていってしまうのです。

年齢を重ねるごとにお肌は乾燥を招きやすい性質になっています。

 

乾燥はシワなどの肌トラブルの原因にもなるので、保湿対策はしっかり行うようにしましょう。

 

紫外線

乾燥肌は紫外線によるダメージも原因の1つです。

紫外線のダメージを受けてしまうと、お肌が乾燥してしまい小じわが目立ってしまうのです。

 

さらに、小じわができるだけでなくたるみやほうれい線、深いシワなどの原因にもなるのでとても怖いものなんですよ!

ある研究の結果によると、肌老化の約80%が紫外線などの外部環境に影響するものと言われているのです。

加齢よりも光が原因で招く老化の方が、皮膚のダメージが大きいと考えられています。

このようなことを防ぐためにも、乾燥対策だけではなく紫外線対策もしっかり行うようにしてください。

 

他にも生活習慣が乱れていたり、外気が乾燥していたり、急激な温度の変化だったり、外的刺激を受けたりすることも乾燥を招いてしまう原因なので、注意が必要です。

 

目元や口元などは皮膚がとても薄いので、乾燥の影響を受けやすいです。

正しいお手入れ方法でエイジングケアをしてあげることで、乾燥による小じわを予防することができるんですよ!

 

スキンケアによる乾燥が招く小じわの6つの基本対策

優しいクレンジングで小じわを防ぐ

洗浄力が強すぎず弱すぎず、お肌に負担のかからないものを選ぶようにしましょう。

お肌の乾燥を防いで小じわができないようにするためにも、クレンジングや洗顔量は激や脱脂力の強すぎないものを選ぶことが大切です。

 

皆さんはどのような洗顔料を使っていますか?

自分の現在使っている洗顔料が小じわの原因になっていないか確認してみましょう。

 

クレンジング剤や洗顔料にも様々な種類のものがあります。

 

  • オイルタイプのもの
  • リキッドタイプのもの
  • ジェルタイプのもの
  • クリームタイプのもの
  • ミルクタイプのもの
  • バームタイプのもの
  • シートタイプのもの
  • ポイントメイクタイプのもの

 

など、様々な種類のクレンジング剤があります。

 

これらは、水やオイル、界面活性剤、その他の成分の配合量によって種類が分けられています。

乾燥肌でお悩みの方は、オイルタイプやリキッドタイプのものは避けるようにしましょう。

オイルタイプやリキッドタイプのものは洗浄力が非常に高く、お肌の汚れをしっかり落としてくれるのですが、その分お肌にかかる負担がとても大きいです。

 

小じわを改善したいのであれば、クレンジングジェルやクリーム、ミルクタイプのものを使用すると良いでしょう。

年齢を重ねるにつれエイジングケアが必須となってくるのですが、そのような方もお肌に負担のかけないものを選ぶようにしましょう。

 

また、クレンジングや洗顔は優しく行うようにしましょう。

お肌をこするように洗ったり、強い刺激を与えてしまうのは絶対にやめましょう。

 

特に上記でもお伝えした通り、口元や目元などは皮膚がとても薄いのでデリケートな部分になってきます。

少しの刺激でも皮膚に影響を与えてしまうので、お肌を守ってくれる角質層が弱まってしまうのです。

バリア機能を低下させないためにも、クレンジング剤を多めに使ったり、泡で洗うようなイメージでやさしく扱うようにしましょう。

 

そして、丁寧に行いながらも素早く洗顔を済ませ、すすぎ残しがないように顔を洗っていきましょう。

クレンジングもとても大切なもので、正しい方法で行うことで乾燥肌を防ぐことができますよ。

 

優しい洗顔も大切

クレンジングの次は洗顔をしている方も多いことでしょう。

洗顔不要のクレンジング剤を使用することで、ダブル洗顔をする必要がなくなり、この過程を省略することができます。

何度も顔を洗ってしまうことで、お肌に大切な皮脂や角質まで取り除いてしまうので、乾燥肌や敏感肌の方などはこちらを選ぶと良いでしょう。

 

もし、ダブル洗顔をしないとすっきりできないという方は、お肌に刺激の少ないものを使用するようにしましょう。

お肌を擦りつけずやさしく泡で洗うようなイメージで、顔を洗ってください。

この時アミノ酸系洗浄成分や弱酸性の成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。

 

クレンジングと同様に洗顔も素早く終わらせるようにしましょう。

1分から2分程度でスピーディーに行うことで、お肌に負担をかけることなく、乾燥肌やバリア機能の低下を防ぐことができます。

 

また、シャワーを直に当てて洗い流している方がいますが、これはお肌に大変負担がかかってしまうのでやめましょう。

しっかり両手でお湯すくって、顔を洗うようにして下さいね!

 

保湿化粧水で小じわを予防

クレンジングと洗顔を素早く終わらせたら、その後は必ず保湿ケアをしてください。

正しい方法でクレンジングや洗顔をすれば、化粧品の効果を高めることができます。

化粧品の成分をお肌に浸透しやすくなるので、倍近く効果を実感することができますよ。

 

まず最初に保湿化粧水かエイジングケア化粧水でお肌に水分を与えてあげてください。

 

小じわでお悩みの方は、化粧水に含まれている成分にも注目してみましょう。

歳を重ねるにつれ、お肌に負担のかからないような優しく、保湿力が高いものを使用していくようにしましょう。

ネットに上がっている化粧水ランキングや口コミだけに頼るのではなく、裏面に記載されてある成分に着目して選ぶことをおすすめします。

 

化粧水のつけ方

次に、化粧水の付け方やそのポイントをご紹介していきますので参考にしてみてください!

化粧水は洗顔した後すぐつけるようにしましょう。

すぐに塗布することで化粧水を十分に浸透させることができますよ。

 

まずは、500円玉位の大きさの量を出します。

いっぱい塗れば塗るほど効果を感じることができるだろうと思っている方もいるかもしれませんが、いくら大量に塗ったからといってお肌がすぐに潤うわけではありません。

 

お肌には浸透できる量が決まっているので、逆に与えすぎてしまうと浸透しきれなかった水分が蒸発してしまいます。

それと同時に本来お肌が保持している水分もともに蒸発してしまうので、乾燥肌になってしまう危険性があります。

化粧品の裏面にはしっかり適量が記載されているので、そちらをまず確認してください。

 

では、乾燥が原因でできた小じわを予防する化粧水の付け方をご紹介します。

 

目元や口元に化粧水をつけるときに、指の腹でやさしく押さえるように伸ばしながら塗布していきます。

皮膚の薄い敏感なところなので、力を加えすぎてしまうと逆にお肌の負担になってしまうので注意しましょう。

不安に思っている方は、小指や薬指など力の入りにくい指を使用することで力加減を抑えることができますよ。

 

よく、コットンなどに化粧水をたっぷり含ませてパッティングしている方がいらっしゃいますが、それはあまりオススメできません。

お肌に刺激が強くダメージを与えてしまうので、手のひらの温度で浸透させるようにしましょう。

 

小じわが目立つなら美容液や保湿クリームで改善

皆さんはお手入れの時に美容液や保湿クリームを塗っていますか?

化粧水を塗った後は美容液や乳液、保湿クリームも使用するようにしましょう。

必ずしも全て使わないといけないという事は無いのですが、自分の肌質や季節などで使い分けていくと良いでしょう。

 

乳液と保湿クリームはどちらか一方でも十分に効果を得ることができます。

 

化粧水を塗っただけではお肌を十分に保湿することができません。

保湿ケアには以下の3つの過程が重要です。

 

  • お肌に水分を与えてあげる
  • 与えた水分を保持する
  • 水分が蒸発しないように守る

 

これらの過程がとても大切なのです。

 

化粧水はこの中でも水分を与える役割を担っています。

油分などはほとんど含まれていないので水分を保持することもできず、油膜で水分の蒸発を防ぐ役割も持っていません。

 

美容液は水分を保持する役割を担っており、乳液や保湿クリームは水分の蒸発を防ぐ役割を担っているので、化粧水の後は必ずこれらを塗るようにしましょう。

これらをうまく活用することで乾燥による小じわを予防することができます。

 

特に、冬は乾燥しやすいので乳液ではなく保湿クリームを使って保湿してあげると良いでしょう。

保湿クリームの方が水分の蒸発を防いでくれるのでおすすめです。

 

では、乾燥による小じわ対策の美容液や保湿クリームはどのように選べば良いのでしょうか

ランキングや口コミだけに頼っている方もいるかもしれませんが、成分を理解しない限りは効果を実感することができません。

 

エイジングケア世代の方はセラミド成分を多く補うようにしましょう。

このセラミドという成分は水分を取り込んでしっかり保湿してくれるので、バリア機能を支えてくれるんです。

グルコシルセラミドなどの植物性のもの以外は脂溶性なので、セラミド美容液やセラミドクリームなどを使用するようにしましょう。

セラミド効果をより強く実感することができますよ!

 

中でもオススメなのは人型セラミドです。

人間の肌と同じ構造4 ×セラミドが含まれているので、お肌に負担が全くかかりません。

 

保湿クリームに関してはシアバターやスクワランなどの油溶性成分がオススメです。

 

これらの美容液や保湿クリームをうまく使用して、乾燥肌を防ぎ小じわの予防を図りましょう。

 

美容オイルでも小じわ対策ができる!

上記で伝えた化粧品だけではなく美容オイルを活用することでも、小じわ対策になります。

 

オイル以外の成分が含まれていないので、100% 美容オイルとして効果を得ることができます。

水分の蒸発を防ぐ役割を担っているので保湿ケアには最適です。

念のためお伝えしておきますが、美容液と美容オイルはまったくの別物です。

 

美容液は水分を保持するときに効果を発揮してくれるのですが、美容オイルは水分の蒸発を防いでくれる効果があるのです。

全く役割が異なっているので気をつけてください。

 

美容オイルをうまく使うことで、角質層にまでお肌の油分を浸透させることができ、角質細胞間脂質の支えてくれるのです。

お肌のハリやツヤを出すことができ、ふっくらとしたお肌が手に入るので小じわで悩むことも少なくなります。

基本的に美容オイルはスキンケアの最後の仕上げとして使うようにしましょう。

 

紫外線対策も小じわ対策

乾燥が原因で小じわを作らないためにも、紫外線対策は絶対に行ってはいけません。

日焼け止めをこまめに塗るのは良いのですが、皮膚の薄い目元や口元などは負担がかかってしまうため厚塗りは控えるようにしましょう。

 

日焼け止めだけではなくUVカット効果のあるファンデーションやパウダーもうまく活用すると良いと思います。

皮膚の薄い目元部分は、サングラスや帽子、日傘などを活用して紫外線カットをするようにしましょう。

 

紫外線は365日耐えることなく降り注いでいるので、秋や冬も対策を怠ってはいけません。

実は、紫外線は家の中にも入ってきているので、朝のお手入れをするときに紫外線対策効果のある化粧水などを使用するのも良いでしょう。

夏場は日差しがとても強いので念入りにお手入れするようにしましょう。

 

紫外線はさまざまな肌トラブルを招くだけでなく、健康にも被害を及ぼしてしまうので気をつけましょう。

 

メイクで乾燥肌対策も小じわの予防

乾燥肌を防ぐ効果のあるファンデーションやメイク用品を選ぶことで、小じわ対策をすることができます。

ナチュラルメイクはお肌に負担がかからないのでオススメです。

メイクそのものがお肌の負担となっているので、厚塗りしてしまうとどうしても洗浄力の強いクレンジング剤を使わなければいけません。

お肌へのダメージを抑えるためにも、ナチュラルメイクでお肌を優しくいたわってあげましょう。

 

薄塗りであればあるほど、適度な強度のクレンジング剤を使用することができるのでお肌にかかるダメージも少ないです。

 

ファンデーションは毛穴を塞ぐリキッドタイプやクリームタイプのものよりもパウダーファンデーションを選ぶことで、保湿効果を期待することができます。

目元はどうしてもメイクが濃くなりがちなのですが、メイクをする前にたっぷり保湿しておくことでお肌への負担を軽減することができます。

乾燥すると唇には縦ジワができるのですが、低刺激で添加物が入っていない口紅を選ぶことで予防することができます。

 

メイクする時も少しの工夫を取り入れることで、乾燥肌対策をすることができるので参考にしてみてくださいね!

 

日常生活で考える5つの小じわ対策

食べ物・飲み物で乾燥を防いで小じわ対策

肌の乾燥を防ぐためには食生活も重要です。

バランスの良い食生活をすることで、うるおいのあるお肌を手に入れることができます。

 

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やミネラル成分を多く摂取することで、お肌の乾燥を防ぐことができます。

 

良質なタンパク質を摂取することでも美肌効果が得られるので、日頃の食生活で積極的に摂るようにしましょう。

具体的には大豆製品や色彩豊かな野菜、イワシやアジなどが良質のタンパク質を多く含んでいます。

 

飲み物はホット飲料を選ぶことをおすすめします。

体が温まれば血流が良くなり、冷え性も改善されるので免疫力が高くなります。

健康維持につながるだけではなく、お肌のバリア機能もアップさせてくれるんですよ!

生姜湯やハーブティーなどがおすすめですね!

 

具体的な食材を挙げて説明していきましたが、特定の食物や栄養素を偏って摂取すると効果は上がりません。

これらの成分をバランスよく食べることで、初めて美肌に近づくことができるのです。

 

良質な睡眠で小じわを予防

睡眠をしっかりとっていないとお肌の新陳代謝が下がってしまいます。

成長ホルモンがあまり分泌されず、お肌のターンオーバーのサイクルにも影響を出してしまうので良くありません。

小じわができるだけではなく、肌老化も進んでしまうので睡眠をたっぷり取るようにしましょう。

 

成長ホルモンは新陳代謝を促進させてくれるのですが、このホルモンが分泌されないとメタボの原因にもなってしまいます。

成長ホルモンは就寝した後約3時間後に最も活発に分泌されます。

毎日十分な睡眠をとることで新陳代謝が活発になり、美肌を手に入れることができます。

 

肌トラブルで悩んでいるのであれば睡眠はとても重要です。

 

また、布団に入った後はスマホなどの強い光が出るものを使用するのは避けましょう

細胞が活発して寝付きが悪くなってしまうので、しっかりリラックス環境を整え質の良い睡眠をとるようにしましょう。

 

お風呂や温泉などで体をしっかり温めてあげるのも、新陳代謝を促進させてくれるのでおすすめです。

冷え性はターンオーバーのサイクルを乱し、バリア機能も低下させてしまうので改善しなければなりません。

しっかり湯船につかって血行を促進してあげるようにしましょう。

 

また、湯船につかることで体だけではなく心理的にもリフレッシュすることができます。

月に1回程度ご褒美として大浴場がある施設や温泉に行くのも良いですね。

たまには自分をいたわってあげるのも大切なんですよ!

 

この時注意しなければいけないのは入浴時間です。

あまりにも長い間湯船につかっていると、肌の水分が蒸発してしまい、乾燥肌を招きやすいです。

温度も重要で、熱すぎるお湯に長時間入るのは体の負担にもなるのでやめましょう。

大体38度から40度程度で、10分から15分程度入るのが良いでしょう。

 

さらにポイントを加えると、中性、弱アルカリ、弱酸性の温泉に入ることをおすすめします。

 

お部屋の加湿で乾燥を防ぐ

暑い時期や寒い時期はエアコンを使用する機会が多いですが、エアコンで乾燥肌を招きやすくしているんですよ。

湿度は60%から70%でお肌の潤いを保つことができます。

湿度が50%以下になってしまうと、乾燥肌を招きやすくなるのです。

 

乾燥による小じわを防ぐためには、適度に加湿してお肌の乾燥を予防しなければなりません。

冬は特に乾燥しやすいのですが、部屋を加湿することで予防することができます。

 

もちろん夏のエアコンも乾燥肌の原因になるので、使いすぎないようにしましょう。

 

部屋の湿度を維持するためには加湿器を使用したり、布団や机周りに濡れタオルやハンカチをかけておくなどの方法があります。

あまりにも加湿しすぎると今度はカビなどの原因にもつながるので、注意が必要です。

 

まとめ

今回は乾燥が原因でできる小じわについて予防対策などを説明していきましたが、いかがでしたでしょうか?

小じわで悩んでいる方もたくさんいらっしゃったことでしょう。

 

対策方法なども細かく記載していきましたので、ぜひ日ごろの生活習慣や食生活に取り入れてみてください。

美肌を手に入れるだけではなく、健康維持にもつながるので美しいスタイルを手に入れることもできるかもしれませんよ!

 

美しいお肌やスタイルを手に入れて、堂々と街中を歩いてみませんか?

今回の記事が皆さんのお役に立っていれば幸いです。

-エイジングケア, 乾燥肌

Copyright© 【詐欺!】アイムピンチが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.